ホーム > mixiニュース > コラム > 暑さと寒さ、我慢できるのは

「暑さ」と「寒さ」どっちが我慢できる? 意見は真っ二つも若い男性に偏りが

532

2018年10月18日 12:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(azuki25/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(azuki25/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

異常な暑さが続いた夏が終わり、季節は秋。冷え込みが厳しくなってきた地域も多く、冬の訪れを予感している人もいるのでは。

たびたび議論となるのが「暑さと寒さのどちらが我慢できるか」問題。異常な暑さを考えると、服を着込めばしのげる冬のほうがよさそうだが…。

■暑さと寒さどちらが我慢できる?

しらべぇ編集部では、全国の20代〜60代の男女1,363名に「暑さと寒さどちらが我慢できるか」調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

結果、「寒さのほうが我慢できる」と答えた人は49.7%。わずか0.3%の差で、「暑さ」を我慢できる人が上回ったが、ほぼ意見は真っ二つとなった。

■20代男性は寒さに弱い

男女別に見ると若干の違いが。

(©ニュースサイトしらべぇ)

20代男性は圧倒的に「寒さのほうが我慢できる」と考えているのだ。暑さへの耐性が高く、身体が固まってしまう寒さが苦手なのかも。

一方中高年女性は、「寒さ我慢派」が多い。寒さが苦手な女性も少なくないはずだが、異常な暑さのほうが耐えがたい! と感じているようだ。

■地域別では意外な結果が…

次に地域別で見てみよう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

最も「暑さより寒いほうが我慢できる」と答えたのは、他の地域と比較すると温暖な九州・沖縄で59.6%。寒さがそこまで厳しくないことを考えると当然の結果か。

意外だったのは豪雪地帯で寒さの厳しい東北地方。57.5%が「寒いほうが我慢できる」と回答しているのだ。また、暑さの厳しい東海地方は40.4%と暑さ派が上回る。

「冬寒く夏暑い」地域は、どちらに重きを置いて対策をしているかによって、過ごしやすさが変わっているのかも。

■それぞれに意見を聞いてみると…

<寒さのほうが我慢できる派>

「暑さは全裸になっても暑いけど、寒さはとにかく服を着込めばなんとか我慢できる。この違いはやっぱり大きいと思う。

それに最近は異常な暑さで、最悪熱中症で死ぬこともある。寒さならよほどのことがない限り命を危険を感じることはない。暑さのほうが我慢できない」(30代・男性)

<暑さのほうが我慢できる派>

「寒いと身体が動かず、冷え込むと節々が痛みだすので、暑いほうがいい。今年は関東地方でも氷点下になるほど冷えたので、かなり辛かった。

寒さとともに自分の気持ちまで落ちてきて、ちょっと鬱になる」(20代・男性)

今年の冬は、全国的に暖冬予想になっている。より、「暑さのほうが無理」と感じる人が増えてしまかも。

・合わせて読みたい→日頃の我慢が蓄積? 優しい人が突然キレるメカニズムとは

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日〜2018年9月3日
対象:全国20代〜60代の男女1,363名 (有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • 絶対寒さの方がいい。寒いのは耐えるとかじゃなく、楽しい。暑いときの涼しい冷たいより、寒いときの暖かいのが快感。
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 暑いのは汗で体もベトベトになる。寒いのは動いて体内をあたためればいいし着込むこともできる。年中冬でいい派です。
    • イイネ!170
    • コメント 16件

つぶやき一覧へ(329件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定