ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 美しい「紅葉の花手水」注目

グラデーションに思わず見とれる... 柳谷観音「紅葉の花手水」が息をのむ美しさ

75

2019年11月25日 20:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真柳谷観音、紅葉の手水鉢。 wasabitool (@wasabitool)さんのツイートより
柳谷観音、紅葉の手水鉢。 wasabitool (@wasabitool)さんのツイートより

すっかり秋も深まってきた。紅葉の美しい時期だが、読者のみなさんはもうご覧になっただろうか。

2019年11月24日、ツイッターに次のような紅葉の写真が投稿され、注目を集めている。

柳谷観音の紅葉グラデーション手水鉢が美しい
※縦写真なのでタップお願いします ♂? pic.twitter.com/UWonXkdYKi
- wasabitool (@wasabitool) 2019年11月24日

写真は、手水鉢(ちょうずばち)の上に見事にデザインされた紅葉のグラデーションだ。京都府長岡京市にある柳谷(やなぎだに)観音で撮影されたようだ。

ツイッターには讃嘆の声が寄せられている。

「もはやアメージングな美しい世界」
「素晴らしいおもてなし!! 京都足を運びたいリストに追加です。 数年後には行けるかなぁ」

この写真を撮ったのは、ツイッターユーザーでカメラマンをしているwasabitool(@wasabitool)さんである。Jタウンネットは25日、さっそく話を聞いてみた。

3年前から始まった「花の手水鉢」


投稿者は撮影した時の状況をこう話す。

「柳谷観音には以前、初夏の紫陽花ウイークでお邪魔しており、紅葉ウイークも素晴らしいだろうと行ってみたら写真の通りでした。実は2週連続行って、撮影しました」

色鮮やかな見事なグラデーション。この手水鉢の紅葉はお寺の人が並べたものだという。

柳谷観音、紅葉の手水鉢。 wasabitool (@wasabitool)さんのツイートより

25日、今度は柳谷観音に電話で詳しい話を聞いた。答えてくれたのは、楊谷寺(ようこくじ)(通称:柳谷観音)の住職・日下俊英さんだ。

「紫陽花や紅葉など、四季折々の草花で庭の手水鉢を飾るようになったのは、実は家内の発案でして、3年ほど前からのことです。紅葉も、毎日デザインを変えて並べ直しています」

3年前から住職夫人のアイデアで始まった「花の手水鉢」は、SNSですっかり評判となったという。季節に合わせた花や植物が選ばれ、境内や庭園の手水鉢が鮮やかに彩られている。秋の紅葉はとくに人気が高い。

柳谷観音では紅葉の花手水が御朱印帳になった『なないろ手水御朱印(書き置き)』も限定販売され、とくに若い女性に好評らしい。

現在は「紅葉ウイーク」の真っ最中。期間は12月1日までの予定だったが、1週間ほど延長する可能性もある、と日下住職は話している。

柳谷観音、紅葉の手水鉢。 wasabitool (@wasabitool)さんのツイートより

住職によれば、週末はけっこう混み合うが、平日はそれほどでもないとのこと。紅葉の見頃もまだこれからだ。京都をちょい外れての紅葉見物、「いいね」かもしれない。

このニュースに関するつぶやき

  • お?お、おおおー。今までこれが無かったのが不思議だわ。なんとなく胸にくる作品。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • …一瞬、偶然こんな綺麗なグラデーションになったのかと思ったが…人の手で飾られたのね… https://mixi.at/ai9pFFV
    • イイネ!15
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(23件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定