ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 大阪地震で誤った情報が拡散

「京セラドームに亀裂」は誤り SNSで誤った情報拡散、運営会社「屋根に設けられているのは足場」

191

2018年06月18日 14:30  BIGLOBEニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真京セラドーム大阪
京セラドーム大阪

大阪府北部を震源とする震度6弱の地震によって、京セラドーム大阪に「亀裂が入っている」との誤った情報がSNSで拡散した。同施設を運営する大阪シティドームは、屋根の亀裂を「間違った情報」と否定した。


地震直後からSNSには被害の様子が多数投稿されている。京セラドーム大阪については、外観を撮影した画像が「京セラドーム、亀裂入ってる」「外見たら本当に亀裂?入ってる」などと投稿され、誤った情報が拡散していた。


同施設を運営する大阪シティドームは取材に対し、「念のため確認したが亀裂は入っていなかった。屋根に設けられたメンテナンス用の足場を誤解したのではないか」と説明。被害状況を引き続き確認しているが、現時点では軽微なひび割れのみで、運営に支障はないとした。

このニュースに関するつぶやき

  • バカなの?( ̄ー ̄)(呆)・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 噂は信じちゃいけないって、昔、リンダに教わりました。
    • イイネ!137
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(112件)

あなたにおすすめ

ニュース設定