ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 住宅メーカーCMにツッコミ噴出

「ちょっと待ってね」母親は家事に追われる一方で父親は見守るだけ 住宅メーカーのCMに批判の声「お前が洗え」

641

2018年09月10日 14:40  BIGLOBEニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真画像はCM「ちょっと待ってね」篇YouTubeより
画像はCM「ちょっと待ってね」篇YouTubeより

住宅メーカー・ユニバーサルホームは、新CM「ちょっと待ってね」篇を9月1日から放送している。家事を楽にする住まいを描いたCMだが、母親は子どもの相手ができないほど家事に忙殺されている一方、父親は見守っているだけで他人事だと批判やツッコミが多数寄せられている。


「ちょっと待ってね」篇は、“ママの家事を楽にする住まい”をコンセプトにしたCMで、母親役として藤本美貴が出演。毎日慌ただしくしている母親の家事負担が軽減され、子どもとふれあう時間や夫婦の時間など、「家族との時間」が増える暮らしを表現しているという。CM前半の母親は、食器洗いや掃除、洗濯に大忙し。遊んでほしい子どもが「ママ」と呼ぶが、母親は「ちょっと待ってね」を連発する。それが新居に移って家事が楽になった後半は一変。食洗機のスタートボタンを押した後、母親は子どもの「あそぼ」に笑顔で応える。そして、この様子を見守っていた父親は、母親に「ちょっと待ってって言わなくなったね」と語りかける。


このCMには、「ラストにパパの『待ってね、って言わなくなったね。 (笑顔)』って台詞を聞いて『お前が洗えばいいんじゃ?』と思った」とのTwitter投稿をきっかけに批判やツッコミが噴出。手伝おうとしないように見える父親に違和感を感じるという声や、父親は幽霊の設定ではないかといった憶測まで呼んでいる。

「自分たちの生活のことなのに他人事で任せっきりなのは良くない」

「何第三者の顔してんだよ。パパって家族の一員じゃないの?」

「ママいまお皿洗ってるからパパと遊ぼう。くらいできんのかって感じです。イラっときます」

「家事は女性がするものと思ってる男性が作ったんでしょうね」

「『待ってね』って言ったらあかんのか?とも。もやもやの尽きないCM」

「『家事に非協力的な家庭に買わせるのが一番効果的に売れる』から、CM出してる」

「いやこの男性は死んでしまったお父さんの霊ですよ!幽霊なので手を出せないから、いつも側で見ていたのですが、ちょっと待ってって言わなくなったねって安心してる様子なので、そろそろ成仏すると思いますよ」


一方では、「え?親子3人揃わなきゃ意味無いから子供はママを呼んでたんじゃないの?」「ママが食器洗い担当という家庭を想定したCMでそのママを楽にすること事態何もおかしくはない。ましてやパパが楽をしている暇だというのは見てる人の勝手な妄想」と内容に理解を示す声も寄せられている。


このニュースに関するつぶやき

  • これ見たとき、夫と同じこと呟いたわ(笑) そうね、幽霊だと思えば微笑ましいよね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • パパ幽霊説に泣いた。(´;ω;`)
    • イイネ!569
    • コメント 13件

つぶやき一覧へ(408件)

あなたにおすすめ

ニュース設定