ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > ドコモの18年冬-19年春モデル

ドコモが2018年冬〜2019年春モデルを発表 Xperia XZ3やNote9、カード型ケータイも

125

2018年10月17日 13:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真左から「Galaxy Note9 SC-01L」「Xperia XZ3 SO-01L」「Galaxy Feel2 SC-02L」「AQUOS sense2 SH-01L」「らくらくスマートフォン me F-01L」
左から「Galaxy Note9 SC-01L」「Xperia XZ3 SO-01L」「Galaxy Feel2 SC-02L」「AQUOS sense2 SH-01L」「らくらくスマートフォン me F-01L」

 NTTドコモが10月17日、2018年冬〜2019年春商戦向けの新商品を発表した。



【その他の画像】



 スマートフォンは、既にメーカーが発表している「Galaxy Note9 SC-01L」(サムスン電子製)、「Xperia XZ3 SO-01L」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)、「AQUOS sense2 SH-01L」(シャープ製)に加え、「Galaxy Feel2 SC-02L」(サムスン電子製)、「らくらくスマートフォン me F-01L」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を投入する。AQUOS sense2、Galaxy Feel、らくらくスマートフォン meの3機種は、月額1500円を半永久的に割り引く「docomo with」の対象となる。



 その他のAndroidスマートフォンとして、既に発表しているGoogleの「Pixel 3」(64GB)と「Pixel 3 XL」(128GB)を11月1日に発売する。



 ケータイは「AQUOSケータイ SH-02L」(シャープ製)、「カードケータイ KY-01L」(京セラ製)と「ワンナンバーフォン ON 01」(ZTE製)の3機種をそろえる。特に目を引くのが、シンプル路線のカードケータイとワンナンバーフォンだ。カードケータイは、厚さ5.3mm、重量47gを実現した4Gケータイで、テザリングやブラウジングにも対応している。



 ワンナンバーフォンは、スマートフォンの子機としての利用を想定したケータイ。親機と子機のどちらからでも同じ電話番号で発着信できる、月額500円(税別)の「ワンナンバー」サービスに対応している。



 データ端末として、下り最大1288Mbps、上り最大131.3Mbpsの速度(理論値)を実現する「Wi-Fi STATION HW-01L」(Huawei製)も投入する。なお、上り131.3Mbpsの速度はXperia XZ3も対応している。



●発売時期



・Galaxy Note9 SC-01L……10月25日



・Xperia XZ3 SO-01L……11月上旬



・Galaxy Feel2 SC-02L……11月上旬



・AQUOS sense2 SH-01L……今冬



・らくらくスマートフォン me F-01L……2019年春



・Pixel 3……11月1日



・Pixel 3 XL……11月1日



・カードケータイ KY-01L……11月下旬



・AQUOSケータイ SH-02L……2019年春



・ワンナンバーフォン ON 01……10月下旬



・Wi-Fi STATION HW-01L……2019年春


このニュースに関するつぶやき

  • 記事を全部読まない輩が多いナ。ガラホは2機種出てるだろ。あと、ガラケーガラケーうるさい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ガラケーは出ませんか? https://mixi.at/agpb7Jn
    • イイネ!56
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(64件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定