ホーム > mixiニュース > 地域 > 元NHK記者、二審も懲役21年

元NHK記者、二審も懲役21年=女性3人暴行−仙台高裁

105

2018年10月18日 12:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 山形、山梨両県で当時20代の女性3人の自宅に侵入し性的暴行を加えたとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者弦本康孝被告(30)=懲戒免職=の控訴審判決が18日、仙台高裁であった。嶋原文雄裁判長は懲役21年とした一審山形地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

 弁護側は3事件で遺留物などからDNAを採取した際、犯人以外のものが混じった可能性があるなどと主張したが、一審判決はいずれも退けた。嶋原裁判長はさらに「取材の中で恨みを買い、罪を着せられた可能性があるなどとする弁護側の主張は架空にすぎない」と一蹴した。

 弁護人は上告について「被告と相談して決める」としている。 

このニュースに関するつぶやき

  • 「死刑。」しかし短けぇな。刑期。→1人7年。再犯繰り返してるね?治らない。体質だから→「去勢や死刑」本格的に導入をお願い致します。反省もしない→
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 被告の弁護側は「被告に恨みを持つ人物が、遺留物として被告のDNA型を現場に残した可能性がある」と無罪主張してたが、ふざけているとしか思えん。どう考えても無理筋でしょ…(ヾノ・ω・`)ムリムリ
    • イイネ!65
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(80件)

あなたにおすすめ

ニュース設定