ホーム > mixiニュース > 地域 > 「虐待」と批判も 揺れる伝統

飾り馬「虐待」と批判=むち打つ動画が拡散−揺れる祭りの「伝統」・熊本

366

2018年10月20日 04:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真藤崎八幡宮の「神幸行列」で奉納される飾り馬=9月16日、熊本市中央区
藤崎八幡宮の「神幸行列」で奉納される飾り馬=9月16日、熊本市中央区
 1000年以上の歴史を持つ藤崎八幡宮(熊本市中央区)。先月、秋季例大祭のハイライト「神幸行列」で奉納する飾り馬がむちで打たれる動画がインターネット上に拡散し、「動物虐待だ」との批判が広がった。「たたくなどして馬を興奮させるのは祭りの醍醐味(だいごみ)だった」と指摘する声もある中、参加団体は24日、総会を開催し、今後の対応を検討する。

 虐待か祭りの伝統か−。問題の動画は先月16日の神幸行列の休憩中に撮影されたとみられる。法被姿の男性が何度もむちを打ち、馬が逃げたり脚を跳ね上げたりする様子が映っており、最後には笑い声も聞こえる。

 テレビ局が動画を取り上げると、熊本市などに「馬がかわいそう」「祭りはやめるべきだ」との批判や苦情が250件以上寄せられた。市動物愛護センターは藤崎宮に事実関係の報告を求めた。

 神幸行列は、最後尾に登場する飾り馬が呼び物で、勢子と呼ばれる集団が「ドーカイ、ドーカイ」の掛け声で馬をあおり立てながら街を練り歩く。威勢よく見せるため、体をたたいたり、大声を掛けたりして馬を興奮させるのが伝統だった。

 藤崎宮などによると、馬をあおり立てる「馬追い」が本格化したのは太平洋戦争後。かつては調教のためにむちを打ち、負傷者が出るほど激しく馬を暴れさせることもあった。

 ただ、神幸行列の参加団体をまとめる飾馬奉納奉賛会(猪本恭三会長)は2010年に発足して以降、参加団体に「馬をむちや棒でたたいたり、追い立てたりしない」などと注意喚起していた。猪本会長は「勇壮な『肥後の馬追い』と呼ばれていたが、社会の目が変わってきた」と話し、おとなしい祭りにせざるを得ない時代の変化を嘆く。 

このニュースに関するつぶやき

  • 神事の馬は年に一度だけど・・・。競馬場の馬は年中鞭でたたかれてますが?そっちの方が虐待じゃないの?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 前にも記事になったけど 競馬は〜とか前と同じ的外れな批判がまた出てますね 休憩中の面白半分の無意味な鞭打ちが批判されてるのに 祭の伝統もクソもないでしょう ┐('〜`;)┌
    • イイネ!197
    • コメント 17件

つぶやき一覧へ(269件)

あなたにおすすめ

ニュース設定