【コラム】 脱力、抱腹! 「アホアホ本」の世界

1

2009年02月08日 09:31  よりミク

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

よりミク

■狙ってないけどトンマ、「アホアホ本」とは    作った本人は至ってマジメなのに、タイトルや表紙から「アホ」さが滲み出ている本、斜め45度から見ると、トンマとしか言いようがない本……言わば「ツッコミ待ち」の本たちを見つけ出し、楽しんでしまおう。そんな本を「アホアホ本」と名付け、味わい方を提唱しているブログがあるのです。名前は「ahoaho-expo」。オンライン古書店を営む中嶋大介さんが2007年に始めたこのブログには、愛と敬意を込めて「アホ」の称号を冠された本がずらり並んでいます。2008年10月には「アホアホ本エクスポ」として書籍にもなりました。では、一体どんな本が「アホアホ本」と呼ばれているのでしょうか? 
「アホアホ本エクスポ」表紙 発行:ビー・エヌ・エヌ新社
「アホアホ本エクスポ」表紙 発行:ビー・エヌ・エヌ新社
■脱力、抱腹、「アホアホ本」の世界  例えば、八名信夫&悪役商会の「悪役になろうぜ」(1983年 光文社)に掲載された「悪役の十二ヶ条の掟」なる項目には、「トイレと玄関だけは、きれいにしとけ」と、まるで風水のアドバイスのようなひと言が記されています。悪役関係あるんでしょうか。  また、インドの性愛を捉えた「えろす・いんどら」(1971年 綜合図書)に寄せられた「結婚初夜の心得」には「『楽しいかい? 私のこと気に入った、私はお前のことを大変に気に入ったよ』などと言ってみること」との助言が。ためになりますね……。 ■画像でみるアホアホ本
命名「インドのほっしゃん。」 ぴんと来ない人は「ほっしゃん。 鼻うどん」で今すぐ検索!
命名「インドのほっしゃん。」 ぴんと来ない人は「ほっしゃん。 鼻うどん」で今すぐ検索!
 いかがですか? 「アホアホ本」の世界、つかんで頂けたでしょうか。大事なのは、ユーモアとそれを楽しむ姿勢。そう、本から「アホ」を引き出すのは、あなたのその視点なのです。あれ? それって、本じゃなくて自分がアホなんじゃ?……いや、なんでもありません。 ■「アホアホ本」ワールド、お台場・東京カルチャーカルチャーに出現  そんな残念な本たちが、ネットや書籍を飛び出し、現実で「ライブ」を敢行。「アホアホ本エクスポ〜大古本祭り!!」と題されたイベントが、お台場にある東京カルチャーカルチャーで行われました。
左から東京カルチャーカルチャーのシンスケ横山さん、デイリーポータルZの林雄司さん、「アホアホ本」著者の中嶋大介さん
左から東京カルチャーカルチャーのシンスケ横山さん、デイリーポータルZの林雄司さん、「アホアホ本」著者の中嶋大介さん
 多種多様な「アホアホ本」が映し出されたスライドを酒の肴に、飲んで笑おうというこの催し。「矢ガモ出現」と「横山やすし死去」が同列で語られる「ニッポン不幸カレンダー」全てのウォーリーに○がつけられた「ウォーリーを探せ」の古本など、決して欲しくない、あ、間違えました、誰もが欲しがるアイテムが続々と登場し、会場を沸かせていました。未定ながら、次回の構想も練られているとのこと。実際に「アホアホ本」を手に取って見たい、という人は、イベントの告知をまめにチェックしてみてくださいね。
左:ウォーリーに○が…… 右:たまに間違いも SELECT by シンスケ横山
左:ウォーリーに○が…… 右:たまに間違いも Select by シンスケ横山
左:不幸を日付別に網羅「ニッポン不幸カレンダー」 右:矢ガモ出現と横山やすし死去が並ぶフリースタイルな空間 SELECT by 林雄司
左:不幸を日付別に網羅「ニッポン不幸カレンダー」 右:矢ガモ出現と横山やすし死去が並ぶフリースタイルな空間 Select by 林雄司
 「アホアホ本」には、こうあらねばならない、という堅苦しい固定観念はありません。どんな本も、見方次第で「アホアホ本」と成り得る可能性を秘めているのです。フリースタイルに、軽やかに、あなたらしくホップ・ステップ・ジャンプ! まずは自宅の本棚から、MY「アホアホ本」発掘してみませんか?(編集・執筆/mixiニューススタッフ) 場所: 東京カルチャーカルチャー(TOKYO CULTURE CULTURE) http://tcc.nifty.com/ 東京都江東区青海1丁目パレットタウン Zepp Tokyo 2F 関連サイト: ahoaho-expo(ブログ) http://ahoaho-expo.com/ オンライン古書店 BOOK ON http://www.bookonn.com/ アホアホ本エクスポ(ビー・エヌ・エヌ新社) http://www.bnn.co.jp/books/title_index/public/post_78.html
その他のよりミク記事: ・【コラム】 脱・義理チョコデー! 「ちょいS」テクで女磨き ・【コラム】RPGの世界を実体験できるアトラクション「マジクエスト」 ・【コラム】 肛門(*)だって愛おしい 柴犬と日本犬を語るディープな雑誌「Shi-Ba【シーバ】」 【よりミクとは?】ちょっと気になるあの話題、巷でウワサのあの商品をニューススタッフが調査し、コラムにしてお届けします。「より道」感覚で、ニュースとはひと味違うコンテンツをお楽しみください。

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定