ホーム > mixiニュース > 海外 > 火災事故の露潜水艇は原子力型

火災事故のロシア潜水艇は原子力型、プーチン大統領が表明

18

2019年07月05日 00:58  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[モスクワ 4日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は4日、バレンツ海のロシア領海内で1日に火災事故を起こした潜水艇について、原子力潜水艇だったことを初めて明らかにした。ショイグ国防相は潜水艇に搭載されている原子炉の安全は確保されているとしている。


ロシア国防相は2日、北極に近い海域の海底で探査活動を行っていた極秘潜水艇で火災が発生し、ロシア人乗組員14人が死亡したと発表。国防省は潜水艇の種類については明らかにしなかったが、ロシアのメディア、RBCは火災を起こした潜水艇は「AS─12」と呼ばれる原子力潜水艇で、通常の潜水艦が到達できない深海で特別任務にあたっていたと報道。インタファクス通信は国防省の発表として、「ロシア海軍の要請で海洋環境を調査していた深海科学探査艇で火災が発生した」とし、「煙の吸入により14人の乗組員が死亡した」と報じていた。


ロシア政府は1日に発生した事故を2日になってから公表。その後、大統領府が4日、プーチン大統領が大統領府でショイグ国防相と会談し、火災を受けた潜水艇の原子炉の状況について質問するもようを公開するまで、事故を起こした潜水艇は原子力潜水艇だったことは明らかにされなかった。


大統領府が公表した会談のもようによると、ショイグ国防相はプーチン氏に対し「潜水艇に搭載されている原子炉は完全に隔離されている」とし、「乗組員は原子炉を守るために必要なすべての措置を行い、原子炉は完全に稼動できる状態にある」と報告した。


潜水艇は事故後、バレンツ海に面するセベロモルスク海軍基地に停泊。ショイグ氏は、火災は電池に関連する部分で発生しその後延焼したが、完全に修理できるとしている。


大統領府は会談のもようを4日朝に公表したが、会談がいつ行われたのかは分からない。


ロシア政府は今回の事故について公式な調査に着手しているが、秘密裏に行われる公算が大きい。旧ソ連時代の1986年に発生したチェルノブイリ原発事故のほか、118人が死亡した2000年の原子力潜水艦クルスク沈没事故の際も、当局は即座に情報を公開しなかった。

このニュースに関するつぶやき

  • バレンツ海に何があるの? https://mixi.at/abnvAK5
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • 2000年に、同じパレンツ海で、爆発・火災事故を起こして沈没した、原子力潜水艦・「クルスク号」のようになって来ましたね。
    • イイネ!81
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ニュース設定