G1ジャパンカップ、史上初の“外国馬出走なし”

127

2019年11月10日 08:56  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
日本中央競馬会(JRA)は11月9日、G1の第39回ジャパンカップ(24日開催)について、「外国馬の出走なし」と発表した。外国馬が不在のジャパンカップは創設以来初めて。

その他の大きな画像はこちら



ジャパンカップは、外国からの招待馬と日本馬が激突する場として、1981年に日本初の国際G1として創設されたレース。当初はレベルの高い海外馬の壁を打ち破ることができず、なかなか日本馬が勝つことができなかったが、2006年の第26回(優勝:ディープインパクト)以降は昨年の第38回(優勝:アーモンドアイ)まで日本馬が全勝している。

JRAは11月9日に「ジャパンカップ(G1)・チャンピオンズカップ(G1)に予備登録がありました全ての外国馬は来日しないこととなりましたのでお知らせいたします」と発表。アイルランド、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、オーストラリアなどから27頭(ジャパンカップ)が予備登録されていたが、すべて来日しないことが決定した。  


☆2006年以降のジャパンカップ優勝馬(※すべて日本馬)

第26回 2006年 ディープインパクト
第27回 2007年 アドマイヤムーン
第28回 2008年 スクリーンヒーロー
第29回 2009年 ウオッカ
第30回 2010年 ローズキングダム
第31回 2011年 ブエナビスタ
第32回 2012年 ジェンティルドンナ
第33回 2013年 ジェンティルドンナ
第34回 2014年 エピファネイア
第35回 2015年 ショウナンパンドラ
第36回 2016年 キタサンブラック
第37回 2017年 シュヴァルグラン
第38回 2018年 アーモンドアイ


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20191157062.html


このニュースに関するつぶやき

  • もはやジャパンカップではない・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 日本の固い芝は、外国馬が走るのには向かないと言われていたからね…。それにしても外国馬のいないジャパンカップなんて本当に寂しい話ですわ。
    • イイネ!26
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(76件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定