ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 板野友美、波瑠主演ドラマでの女子高生ルックに反響「違和感なさすぎ!」

板野友美、波瑠主演ドラマでの女子高生ルックに反響「違和感なさすぎ!」

4

2018年05月25日 07:42  ザテレビジョン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ザテレビジョン

写真板野友美が「未解決の女―」に出演した
板野友美が「未解決の女―」に出演した
5月24日に放送された「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)の第6話に、元AKB48・板野友美が出演。回想シーンで女子高校生ルックを披露し、「ともちんJKでも違和感なさすぎ!」「現役感すごい!」とSNSなどで話題となった。

【写真を見る】「まだまだ現役!!」の声が殺到した板野友美の女子高校生姿

24日の放送では、その板野演じるダンサー・遠藤千鶴が鉄パイプで頭部を殴打され、殺害される。

犯人は財布を奪って逃走。警察は強盗目的と怨念の両面から捜査したが、事件解決につながる手掛かりは見つけられぬまま、時が過ぎていった。

その6年後、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)は高校の同窓会に参加。そこで再会した磯野賢治(柳下大)から、例のダンサーで同級生の千鶴を殺した犯人が分かったかもしれないと耳打ちされる。

どういうことか気になった朋は、磯野が雇われ店長をしているカフェバーへ。同窓会グループのSNSページを初めて見せられ、そこに登録しているメンバーの中に犯人がいる、との推理を聞かされる。

だが、磯野が何かを言いかけた途端、同窓生の西島圭人(桐山漣)と袴田高一郎(榊原徹士)が来店し、会話は中断。朋は続きが気になりながらも、磯野に促されるまま帰宅する。

ところが3日後、とんでもない事件が起こってしまう。磯野がカフェバー内で何者かに刺殺されてしまう…というストーリーだった。

冒頭から板野が鉄パイプで複数回殴打され撲殺されるという衝撃シーンに、ファンは「これは見ていてつらい…」「結構激しいね。。」と騒然となったが、板野演じる千鶴の回想シーンで制服姿のままダンスする姿が流れると「かわいい!」「全然JKじゃん!」「これはかわいすぎる」といった反響が。

そんな板野は、本作に出演することを5月18日に自身のInstagramで報告していた。

「テレビ朝日『未解決の女〜警視庁文書捜査官〜』第6話ゲスト出演します。来週5/24木曜21時から是非ご覧下さい♪ 学生当時のシーンでは制服を着ちゃいました」とつづり、ドラマの台本を持ったカットと制服姿のキュートな衣装を着たショットを公開。

この投稿に対しても、ファンから「マジ楽しみ」「ともちんいい!」「6話は見逃せないね」といった期待の声が上がっていた。

さらに、くしくも同放送回には板野も出演した「仮面ライダーW」(2009年-2010年、テレビ朝日系)で主演を務めた桐山漣もゲストとして登場。

23日には自身のインスタで桐山とのツーショットを披露し、ライダーファンから「左翔太郎とクイーン!」「懐かしい組み合わせ!」「これはうれしい!」とこちらも話題を集めた。(ザテレビジョン)

このニュースに関するつぶやき

  • 可愛い
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 最初は僕はともちんが一番好きでした。メンバーの中でも一番ショートパンツ姿が多くて、似合ってて。こんな人とデートできたらなぁ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定