ホーム > mixiニュース > トレンド > 「手持ち扇風機」日本でも浸透

"手持ち扇風機"が日本でも浸透、猛暑で品切れ相次ぐ

300

2018年08月10日 17:13  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真フランフラン「フレ 2WAY ハンディファン」(1,980円) Image by: Francfranc/BRUNO
フランフラン「フレ 2WAY ハンディファン」(1,980円) Image by: Francfranc/BRUNO
 大手家電量販店や雑貨店で、ハンディタイプの扇風機の品切れが相次いでいる。ロフトやヨドバシカメラの店舗ではほぼ完売状態で、「フランフラン(Francfranc)」でも在庫僅少。ヨドバシカメラでは「あれば売れるという状況だった」(担当者)という。

 ハンディタイプの扇風機はアジア圏で定着しており、フランフランでは韓国のハンディファンブームを参考に今年4月下旬からオリジナル製品の展開をスタート。スタイリッシュなデザインの「フレ 2WAY ハンディファン」(1,980円)は7月末時点で累計約9万2,000個を売り上げ、一時的に完売している(9月中旬に約1万個を追加入荷予定)。遊び心のあるデザインが特徴の「アイスキャンディ クールファン/アイスクリーム クールファン」(500円)は首から掛けられる仕様でレジャーシーンでの需要があり、8月5日までに約10万個を販売。在庫僅少で、8月中旬の完売を見込んでいる。
 「ブルーノ(BRUNO)」が4月下旬から販売している「ポータブルミニファン」(2,484円)も公式オンラインショップでは色欠品や品薄が続き、3連休初日の7月14日前に完売。8月上旬に再入荷分100台を販売したところ1時間で売り尽くしたという(※年内の再入荷の予定はなし)。担当者は「シンプルなデザイン性やコストパフォーマンスに加えて、モバイルバッテリーとしての機能を備えている点がバイヤーから好評で、パッケージデザインにもこだわったことからギフト需要も高かった」とコメント。「家でも大きな扇風機を設置するのではなく、手持ち扇風機を一人1台持つのがスタンダード」という香港で先行販売した際は、一人10点を購入する客もいたという。
 ロフトでは7月の手持ち扇風機の売上が前年同月比180%を記録。ヨドバシカメラでも前年同月比で約3倍を売り上げた。同社の担当者は「昨年は、中国人を中心に外国人観光客からの購入が多かったが、今年は猛暑の影響もあり日本のお客様にも人気が出て、非常に多く売れた」と分析。年内の再入荷の予定はなく、来年はさらに品揃えと在庫数を増やす予定だ。
■各ショップ公式サイト Francfranc | BRUNO | ヨドバシカメラ | ロフト

このニュースに関するつぶやき

  • 確かにダサいんですけどね、気づけば湿度90%超、そして人からどう見られるかをあまり気にしない香港人はみんな持ってますわ https://mixi.at/ad4M2hn
    • イイネ!4
    • コメント 6件
  • こんなもん持ち歩くのメンドクセェ。
    • イイネ!66
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(167件)

あなたにおすすめ

ニュース設定