ホーム > mixiニュース > コラム > 高齢者の「多剤処方」問題に > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者の「多剤処方」問題に

198

2017年07月18日 07:03 AERA dot.

  • 「薬を毎日10種類以上飲む=自殺行為」  そう思わない事が 1番怖いことじゃなぃかな (・ε・)
    • 2017年07月18日 07:58
    • イイネ!95
    • コメント10
  • 「医薬分業」が叫ばれても医師の言いなりに薬を出す薬剤師。薬の量を自慢する高齢者。若い人の税金で医療費が賄われている現実。「健康寿命」の意味を理解して欲しいと切望します。
    • 2017年07月18日 08:57
    • イイネ!64
    • コメント8
  • いくら「お薬手帳」があろうと、薬剤師の権限では医師に逆らえないから、結局こうなる訳で。…薬剤師に医師間の調整ができる権限を持たせるべき。
    • 2017年07月18日 09:51
    • イイネ!53
    • コメント1
  • 処方された薬を真面目に服用すると具合が悪くなると何回主治医に訴えても聞いてくれないと実母から相談されたから転院を勧めたばかり。
    • 2017年07月18日 08:40
    • イイネ!42
    • コメント5
  • 一番怖いのはこの手の記事を読んで何も考えず薬を勝手に減らしてしまう情弱と、無責任に医療への不信感を煽る馬鹿が多い事である。何の為にお薬手帳が出来たと思ってるんだ。
    • 2017年07月18日 09:25
    • イイネ!34
    • コメント20
  • 本人の体調問題やかさむ国からの医療費補助問題など散々言われていたのに…。長らく放置してきた厚労省の怠慢。
    • 2017年07月18日 08:56
    • イイネ!33
    • コメント0
  • お薬手帳を活用しないで重複とかあるから、お薬手帳を利用すると良いと思う。
    • 2017年07月18日 09:21
    • イイネ!26
    • コメント2
  • 10種類15剤も多すぎると思う。
    • 2017年07月18日 10:30
    • イイネ!19
    • コメント0
  • 病気や怪我を治すのは、患者本人の生命力。薬は補助に過ぎない。薬さえ飲めば治ると思っていたら大間違い。
    • 2017年07月18日 09:50
    • イイネ!14
    • コメント0
  • 精神科がひどいことになってい"る"ことは知っていたが、もはや医療現場全体の問題なんだな。患者が欲しがるから、なんて言い訳にはならないよ。
    • 2017年07月18日 09:55
    • イイネ!13
    • コメント0
  • お薬手帳でお医者さまと相談して減らせました(^^)
    • 2017年07月18日 09:48
    • イイネ!12
    • コメント0
  • かかりつけ医制度が問題。個人経営の医院なため、経営のために余計な薬を出す。かかりつけ医ほど総合診療スキルが必要なはずなのに、わからんといって相談にならないヤブばかり。所詮医療者も金のため。
    • 2017年07月18日 09:28
    • イイネ!12
    • コメント4
  • 昔、至れりつくせり的な病院が風邪で通院しただけなのに、多数の薬くれたな。薬のせいで胸焼け解消みたいな胃薬とか。
    • 2017年07月18日 08:47
    • イイネ!12
    • コメント1
  • そのためにお薬手帳があって、受診の際は医師にもそのお薬手帳を提示するんじゃないのですかね。
    • 2017年07月18日 19:15
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 薬剤師でないので異は唱えないですが処方箋見てこれはどうなの?と思った事は結構あります。患者さんには医者の考えがあるのでは?と伝え疑問があれば聞いたら良いと伝えます。登録販売者ですので立場は弱い
    • 2017年07月18日 09:38
    • イイネ!10
    • コメント0

前日のランキングへ

ニュース設定