ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 代表辞退のFC東京GK権田修一、オーバートレーニング症候群と判明

代表辞退のFC東京GK権田修一、オーバートレーニング症候群と判明

24

2015年08月05日 20:10  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真FC東京のゴールマウスを守る権田修一 [写真]=Getty Images
FC東京のゴールマウスを守る権田修一 [写真]=Getty Images
 FC東京は5日、所属するGK権田修一がチームドクターの診察を受け、オーバートレーニング症候群と診断されたと発表した。

 東アジアカップに臨む日本代表メンバーに選出されていた権田だったが、7月29日に行われた明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節のベガルタ仙台戦後に異変を訴え、コンディション不良を理由に参加を辞退していた。

 オーバートレーニング症候群は、過度なトレーニングにより慢性的に疲労状態に陥り、免疫力低下や食欲減退などを引き起こしてしまう病気。サッカー選手では、現在川崎フロンターレに所属するFW大久保嘉人が2010年の南アフリカ・ワールドカップ終了後に発症している。

 なお、権田の復帰時期については明かされておらず、早い回復が待たれる。


このニュースに関するつぶやき

  • パンチングよりキャッチングする事に重きを置く練習をしていたんだろう。 きっと、苛烈なものだったんだろうな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • …大丈夫かしら?(;^_^A
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

関連ワード

あなたにおすすめ

ニュース設定