ホーム > mixiニュース > 政治 > 「退位」の恒久制度化57% 時事

退位、57%が恒久制度化=「共謀罪」に賛成6割超―時事世論調査

77

2017年02月17日 17:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 時事通信の2月の世論調査で、天皇陛下の退位を可能とする法整備の在り方について尋ねたところ、「将来の天皇全てが退位できるような恒久的な制度にする」と答えた人が57.9%を占めた。「特例法で今の陛下だけが退位できるようにする」は32.8%にとどまった。政府は今の陛下一代限りの退位を認める特例法で対応する方針で、国民の意識との違いが浮き彫りとなった。


 政府の有識者会議が1月下旬に公表した論点整理は、特例法で対処するとの政府方針を事実上追認。自民、公明両党も特例法による退位を打ち出している。これに対し、民進、共産両党など野党の多くは皇室典範改正による恒久制度とすべきだと主張しており、一本化のめどは立っていない。


 「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案を今国会に提出する政府方針に対しては、賛成66.8%、反対は15.6%だった。


 調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は61.7%。 


あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 陛下のお気持ちそっちのけだな
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 質問の設定がテロ防止に賛成が66%であって共謀罪と混合しては ならない。
    • イイネ!40
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(51件)