ホーム > mixiニュース > 国内 > 「地上に降りた日が誕生日」ワラビー赤ちゃん“誕生”間近 甲府・遊亀公園動物園

「地上に降りた日が誕生日」ワラビー赤ちゃん“誕生”間近 甲府・遊亀公園動物園

1

2017年03月21日 11:28  産経新聞

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

産経新聞

写真母親のワラビーのお腹にある袋から顔を出す赤ちゃん=18日、甲府市太田町
母親のワラビーのお腹にある袋から顔を出す赤ちゃん=18日、甲府市太田町

 甲府市太田町の市立遊亀公園付属動物園で今春、ワラビーの子供が生まれ、母親のワラビーのお腹の袋から顔をのぞかせる様子が来園客を和ませている。


 ワラビーは有袋類でカンガルーの仲間。体長数センチで生まれた後は母親の袋に入って過ごし、成長すると袋から顔を出すので、いつ生まれたか分からないことが多い。同園は「地上に降りた日が誕生日」としている。


 同園のワラビーは5頭で、このうち4頭がメス。「すべてのお腹に赤ちゃんがいるようだ」という。4月下旬までには、4頭の赤ちゃんワラビーが地上を元気に飛び回る姿が見られそうだ。


 同園は「開園直後のエサやりの時間などに顔を出すことが多い。運が良ければ、茶色く色づいてきた赤ちゃんの頭が見られます」と話している。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定