ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > 梅沢がミヤネ屋に出続ける理由

梅沢富美男 クレームきてもミヤネ屋に出続ける理由

45

2017年03月21日 11:33  dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

dot.

 バラエティー番組や情報番組に引っ張りだこの俳優・梅沢富美男さん。歯に衣着せぬ発言はときにネットを炎上させていますが、それ以上に支持の声が強いのは、確かな芸に裏打ちされた哲学をお持ちのせいでしょうか。作家・林真理子さんとの対談でも、清々しい梅沢節が炸裂です。

*  *  *
林:それにしても、すごい人気。一日に何本もテレビに出演されることもあるんでしょう?

梅沢:昨日は5本出てました。今、僕みたいなおじさん、少なくなったからじゃないですか。

林:はっきりものをおっしゃる方が、ですか?

梅沢:はい。言いたいことが言えない世の中で、昭和のジジイが好き放題言ってるのがおもしろいんだと思うんですよね。僕は個人事務所ですし、あまり制約がないんです。

林:でも最初にコメンテーターを依頼されたとき、「僕は中学しか出てないから」と断ったそうですね。

梅沢:「ミヤネ屋」から声がかかったとき、散々断ったんです。「東大とか慶応とか出てる人の隣に座って、きれいな言葉で難しい話をするなんてできません」と。でもね、一緒に住んでる女房の母親と叔母というのは元芸者なんですが、2人とも江戸っ子なのでニュースに向かってバンバン吠えるんです。親や子どもを殺した犯人がいると「てめえが死ね。バカヤロー!」、悪い政治家がいると「てめえみたいな奴がいるから日本はダメなんだ!」。その姿を見て「この人たちの代弁ならできるかも」と思ったんですね。それでテレビ局の方に、「僕もバカじゃないから、言っていいことと悪いことはわかります。差別用語もわかります。でもそれ以上の制約があるならお受けできません。クレームが来たら、いつでもおろしてください」、そう言ってお引き受けしたんです。

林:実際にクレームが来たことはあるんですか。

梅沢:いっぱいありますよ。

林:でも、支持のほうがずっと多いんですね。

梅沢:そうなんでしょうね。あるとき、ビルから飛び降りた人がぶつかって、通行人の方が亡くなるという事故があったんです。それで僕は、「死にてえなら自分の家で死ね」って言ってやったんです。だってそうでしょう。何も知らずに歩いていた人やその家族は、たまったもんじゃない。だから自殺はダメなんだ、って言ってやったんです。そしたら「飛び降りた人の気持ちもわからないで、そんなこと言うな」って。

林:今はちょっとした発言でもネットで取り上げられて、すぐ炎上しちゃいますから。

梅沢:僕はネットなんか気にしません。“ゲス不倫”にもコメントしたら、ずいぶん雑誌に書かれましたね。でもね、マスコミの人も過去の話を引っ張り出して、本人に取材もせずに書くのはルール違反だと思うんです。書くならちゃんと本人に話を聞かなきゃ。それがジャーナリストってもんでしょう。

週刊朝日 2017年3月24日号より抜粋

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 正論だから言えるんだろうと思う。ニュースの呟きもこの人も手本にしたい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ん〜たまには理解できないコメントもあるけれど…おおむね好きですよ〜梅沢さんのコメント。さっぱりとして、歯切れも良くて。色んなジャンルの専門家が集まってるから番組のコメントも面白いんだと思う。
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)