ホーム > mixiニュース > 経済 > GW予約、空の便好調 国内線11%増、熊本が急回復

GW予約、空の便好調 国内線11%増、熊本が急回復

0

2017年04月21日 22:34  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 国内航空各社は21日、ゴールデンウィーク期間(4月28日〜5月7日)の予約の状況を発表した。国内線の予約者数は前年比11・1%増の269万9301人、国際線は7・1%増の60万7811人で、日並びのよさから好調となった。


 日本航空と全日空によると、国内線のピークは大都市から地方への下りが5月3日、上りは6、7日。方面別では関西や沖縄が好調。前年は熊本地震の影響で落ち込んだ熊本空港発着便は急回復し、予約数は日航が前年比5割増、全日空は4割増となった。


 国際線はハワイやグアムなどのリゾート地に加え、欧州とアジア方面が好調。欧州は大規模テロの影響で落ち込んだ前年から回復した。アジア方面は韓国線が好調で、日航では予約が前年比2割増。日本発の旅行者は例年並みだが訪日需要が増えた。不安定な朝鮮半島情勢の影響は見られないという。


朝日新聞デジタルで読む

    あなたにおすすめ