ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > 住谷杏奈&HGの夫婦関係に反響

住谷杏奈、涙の謝罪 夫レイザーラモンHGとの関係に感動の声殺到

229

2017年07月17日 14:34  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真「お互いの気持ちを尊重せずに夫婦関係が壊れないための授業」を行った住谷杏奈・レイザーラモンHG夫妻 (C)モデルプレス
「お互いの気持ちを尊重せずに夫婦関係が壊れないための授業」を行った住谷杏奈・レイザーラモンHG夫妻 (C)モデルプレス
【住谷杏奈・レイザーラモンHG/モデルプレス=7月17日】タレントの住谷杏奈と、夫でお笑いタレントのレイザーラモンHGが、16日放送のテレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週日曜よる21時58分〜)に揃って出演。2人で「お互いの気持ちを尊重せずに夫婦関係が壊れないための授業」を行い、ネット上では大きな反響が寄せられた。

住谷杏奈、色気たっぷりの官能ショット レイザーラモンHGも「脱ぎすぎじゃない?」

◆理想の亭主関白からの転落

2005年に“ハードゲイ”キャラでブレイクし、人気絶頂の余韻が残る2006年に結婚したレイザーラモンHG・住谷夫妻。結婚当初の収入は、夫・HGが月収1200万円で、妻・住谷が月収15万円。HGは「俺が一生食わせてやる!」と言っていたほど亭主関白で、住谷も「憧れの専業主婦として人気者の夫を一生支えるわ」と思っていたそう。

“ハードゲイ”キャラが飽きられても、プロレスラーとして活躍していたHGの収入は変わらず、結婚2年目には長男が誕生。夫婦関係も良好だった。

◆夫婦の年収逆転 夫婦関係は険悪に

しかし1年後、HGがプロレスの試合で全治8か月の大けが。収入は月収7000円まで落ち込んだ。それをきっかけにして、住谷は「私が稼ぐ」と決意。子育てをしながら、化粧品や美容グッズのプロデュースをし、ビジネスを始めることに。住谷のビジネスは成功し、年収1億円を突破。夫婦の収入が逆転し、立場も逆転した。

当時住谷の金銭感覚は「50万円落としたけれど、もういいやと思って警察に届けなかった」など、超豪快に。HGは必至に新ネタで挽回を図るも実を結ばず、住谷は「私が稼いでいるし、早く芸人をやめてよ」と、劇場で芸人を続けていた夫の仕事を完全否定。HGのプライドはズタボロになり、夫婦関係も最悪な状態になってしまった。

◆住谷が事業に失敗 損失は1億円に

しかし、住谷が夫に内緒で初期投資6000万円でオープンしたピザ店が、2年間で赤字4000万円を出し、計1億円を損失。今までで貯めた貯金がゼロになってしまった。

◆HGがコツコツと続けていた劇場漫才のおかげでピンチを脱却

しかし、そんな中で、コツコツと漫才をやっていたHGの仕事が身を結び、何とかピンチを脱却。

住谷は、「劇場をずっと否定していたんですけど、コツコツ劇場で頑張ってくれていて、それが身を結んで、家族のために頑張ってくれてたので、凄く反省して、ありがとうって気持ちになりました」と涙を流した。

さらに、HGも、「コツコツ劇場で芸を磨けたのは、妻の稼ぎがあったおかげ」と、住谷にずっと感謝していたことを伝え、生徒役の関根勤は、「素晴らしい。フォローしあってね」と、感動の言葉を述べた。

◆お互いを尊重し感謝しあうことの大切さを再確認

「お互い良いときもあれば悪いときもある。夫婦で補い合って生きていこう」と、感謝し合い気づいたことを明かした2人。住谷は、「調子に乗った時期もあったんですが、もとを正せば、主人の『レイザーラモンHG』という名前があったからこそ出来たこと。主人が私を大きくさせてくれた、っていうのが今は根底にあります」と、改めて思いを語った。

最後には、しくじり夫婦へのエールとして、「1人は家族のために、家族は1人のために、ワン・フォア・オール、オール・フォア・ワン」と読み上げ、スタジオからは「素晴らしい」と、拍手が沸き上がった。

◆視聴者からも感動のコメントが続々

栄光と挫折を赤裸々に語り、お互への感謝を伝え合った2人に、ネット上では「素敵な夫婦だと思ったし、すごく感動した。改めてひとりの人間として、もっともっと成長したいと思いました!」「素敵な夫婦だな。お互いの価値観を認め合うってほんとに大事」「住谷杏奈、そんなことがあったなんて…俺のお金使ってとか、かっこよすぎる。素晴らしい夫婦」「ぐっと来ました…収入が逆転したりして夫婦で色々あって…遠回りしたのかもしれないけど、これからも末永く幸せでいてほしい!」「色々夫婦でプライド張り合っちゃうの、わかるな、見習わないとと思いました。お互いに思いやりって大切だよね」など、多くの反響が寄せられた。

◆HG新ネタ「うまいっしょ!」にもまさかの反響

さらに、番組では、HGが新ネタを必死で生み出していた時代の、“マグロの刺身を食べて太鼓を乱れうちする”というキャラクター、「漁師SABU」のギャグ、「うまいっしょ!」に、生徒役でゲスト出演していたモデルの玉城ティナが挑戦。玉城の全力の「うまいっしょ!」に、スタジオでは「CM来そう!」と盛り上がり、Twitter上でも一時、「うまいっしょ!」が大反響。「時代は『うまいっしょ!』(笑)」「漁師 SABU 応援したい(笑)(笑)」「ティナちゃんの『うまいっしょ!』めちゃかわいい(笑)」「うまいっしょ!使えるじゃん(笑)」など、多くの投稿が寄せられた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 収入の増減で、相手への尊敬する姿勢が変化するとかありえない。夫婦としてすでに破綻してる?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • やっぱり金は人を変えちゃうんだね
    • イイネ!208
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(116件)

チケット情報

チケット

レイザーラモンのチケット

227枚のチケット出品 :  ¥1500

ニュース設定