ホーム > mixiニュース > 政治 > PAC3 中四国4か所に展開の方針

PAC3、中国・四国4カ所に グアムへのミサイル警戒

274

2017年08月11日 03:25  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真防衛省の敷地内に展開する地上配備型迎撃ミサイルPAC3
防衛省の敷地内に展開する地上配備型迎撃ミサイルPAC3

 北朝鮮が米軍基地のある米領グアム島周辺の海域を狙ってミサイルを撃つと警告したことを受け、政府はコースを外れて日本に落下した場合を想定し、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を中国・四国地方の計4カ所の陸上自衛隊の駐屯地に展開する方針を固めた。北朝鮮の動向を見極め、一両日中に最終決定する。複数の日本政府関係者が明らかにした。


 政府関係者によると、国家安全保障局(NSS)などは、北朝鮮からグアムに向けて発射された際の弾道ミサイルの飛翔(ひしょう)コースを推定。航空自衛隊のPAC3の発射機などを、海田市(広島県)、出雲(島根県)、高知(高知県)、松山(愛媛県)の四つの陸自駐屯地に展開する方針を固め、陸自と調整を始めた。一方、海上自衛隊も、海上配備型迎撃ミサイルSM3を搭載したイージス型護衛艦1隻を日本海に展開し、警戒監視にあたっている。(土居貴輝)


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 民進党のクイズ王小西の亡命先はどうなっちゃうんだろ?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この緊急事態に政権批判しかしない野党議員とマスコミは日本の事を考えていないとしか思えない。
    • イイネ!128
    • コメント 14件

つぶやき一覧へ(186件)

前日のランキングへ

ニュース設定