ホーム > mixiニュース > 国内 > H2Aロケットの打ち上げ遅れる 燃料系統の点検作業で

H2Aロケットの打ち上げ遅れる 燃料系統の点検作業で

16

2017年08月12日 13:52  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真打ち上げを待つH2Aロケット35号機=12日午後2時52分、鹿児島県の種子島宇宙センター、長沢幹城撮影
打ち上げを待つH2Aロケット35号機=12日午後2時52分、鹿児島県の種子島宇宙センター、長沢幹城撮影

 GPS(全地球測位システム)の精度を高める測位衛星「みちびき3号」を載せたH2Aロケット35号機の打ち上げが遅れている。12日午後1時40分に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられる予定だったが、同日午後0時22分でカウントダウンが中断した。三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、燃料系統の点検作業に時間がかかっているため、という。新たな打ち上げ時刻は午後4時以降となる見込み。


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • いつもおもうのだけど・・なんで直前になて判るのだろう。事前にチェックするシステムは無いのだろうか。ミサイルだったらこれでアウトだよね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ゆっくりで良いぞ〜〜〜〜
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定