ホーム > mixiニュース > 国内 > 横田めぐみさんの弟「テロ支援国家再指定を」 米で訴え

横田めぐみさんの弟「テロ支援国家再指定を」 米で訴え

5

2017年09月14日 14:08  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真拉致問題について訴える家族会の横田拓也さん(右から2人目)=13日、ワシントン、土佐茂生撮影
拉致問題について訴える家族会の横田拓也さん(右から2人目)=13日、ワシントン、土佐茂生撮影

 北朝鮮による拉致被害者家族会や支援団体「救う会」、超党派の「拉致議連」の訪問団が13日、米国のワシントンでシンポジウムを開き、トランプ政権や米議会に対し、北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定するよう訴えた。


 米戦略国際問題研究所(CSIS)で開かれたシンポには、拉致被害者の横田めぐみさん(拉致当時13)の弟で家族会事務局長の拓也さん(49)が参加。「米国は過去に、北朝鮮をテロ支援国家に指定していたが、解除してしまった。このことが北朝鮮を暴発させ、核開発のための時間稼ぎを許してしまった」と訴えた。


 シンポ後、拓也さんは記者団に「北朝鮮に常識的なアプローチは通用しないことは歴史が証明した。米国も何が効果があるのか考えている。(拉致問題という)人権の視点から圧力をかけることが非常に大事だ」と語った。


 今回の訪問では、国務省や国防総省の幹部、上下両院議員のほか、トランプ政権のポッティンジャー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長らとも会談。拉致議連の山谷えり子参院議員(自民)によると、ポッティンジャー氏は「拉致問題は現在進行形のテロだと同意する。テロ支援国家の再指定について、活発に議論しており、拉致問題を含む形で議論していきたい」と語ったという。(ワシントン=土佐茂生)


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 「トランプ+アベvs豚黒電話=戦争前夜」←これで「拉致被害者家族」は戦々恐々。「もし戦争になれば被害者も日本人妻も巻き込まれてしまう」からだ。その事を「ニュース」は記さず。ご家族哀れ。
    • イイネ!11
    • コメント 1件
  • 本当にならず者に核ミサイル持たせたら危険です。拉致解決も進まない。
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定