ホーム > mixiニュース > 政治 > 政府、Jアラート文言を見直し

頑丈な建物じゃなくてもOK? Jアラート文言を見直し

253

2017年09月14日 18:20  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 政府は14日、北朝鮮のミサイル情報を伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)で、避難を呼びかける際の文言を見直した。


 8月29日の発射の際、「頑丈な建物や地下に避難して下さい」というメッセージを流したが、頑丈な建物を求めてわざわざ自宅外に出たり、地下がないと混乱が生じたりしたとの情報があった。自治体側から改善を求める声が寄せられ、文言を「建物の中、または地下に避難してください」に変更した。原則は屋内にとどまってほしいと改めて呼びかけた。


 また、ミサイルが通過した場合に流す情報は、「北海道地方から太平洋へ通過」のように地名を明示する。これまでは「この地域の上空を通過した模様」としていて、ミサイルの軌道下ではない地域でもしばらく緊張が続いた。避難する必要がないことが分かるようにしたという。


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • どうせ原発事故の時みたいに、肝心な時には何も知らせないで、国民見殺しなんでしょ?ただの税金の無駄遣いだよね!→
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • TBSの半島人 金平茂紀氏、が北朝鮮のミサイル発射問題について、なぜか北朝鮮ではなく日本とアメリカを非難している。http://hosyusokuhou.jp/archives/48800984.html
    • イイネ!115
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(177件)

ニュース設定