ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「冬もジブリ」今夜はゲド戦記

「冬もジブリ」今夜は壮大な冒険ファンタジー『ゲド戦記』

99

2018年01月12日 12:23  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『ゲド戦記』(c) 2006 Studio Ghibli・NDHDMT
『ゲド戦記』(c) 2006 Studio Ghibli・NDHDMT
「金曜ロードSHOW!」で2週にわたりお届けしている「冬もジブリ」。2週目となる1月12日(金)今夜は宮崎吾朗監督が手がけた壮大な冒険ファンタジー『ゲド戦記』をお届けする。

原作は「指輪物語」「ナルニア国物語」に並ぶファンタジー文学の傑作。同作は宮崎駿監督も多大な影響を受けたと公言、『風の谷のナウシカ』の“原点”にもなったという。この偉大なる名作をスタジオジブリが宮崎吾朗氏を監督に迎えてアニメ化した。

舞台は「魔法」が日常的に存在する多島海世界「アースシー」。そこで人間の住む世界に現れるはずのない竜が突然現れて共食いを始め、魔法使いが魔法の力を失うなど異常事態が起こる。



原因を探って旅を続けていた「大賢人」と呼ばれる魔法使い・ゲド=通称ハイタカは、ある日、エンラッドの国王である父を刺し逃走中の王子・アレンと出会う。アレンは世界を覆いつつある「影」に怯えていた。


2人は美しい港町・ホート・タウンに到着。そこでアレンは少女・テルーと出会い、ハイタカの昔なじみの巫女・テナーの家で畑仕事などを手伝うなかで人間らしさを取り戻していき、アレンにテルーも少しずつ心を開き始めるが、アレンが自ら生み出し彼に付きまとう「影」は彼の心をむしばんでいく。

そしてハイタカは世界の均衡が崩れかけている元凶が、魔法使いのクモであることを察知。ハイタカに恨みを抱くクモも、アレンの心の中の「影」を利用してハイタカを倒そうとする…という物語。


主人公・アレンの声を担当するのは、先日、女優の宮崎あおいと結婚を発表した岡田准一。テルーの声と挿入歌を担当したのは、公開当時その歌声が大きな話題を呼んだ手嶌葵。そのほか田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志、倍賞美津子、夏川結衣、小林薫、菅原文太ら日本を代表する名優が揃った。

スタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーによれば「実は『風の谷のナウシカ』の前に原作者のグウィンさんに映画化を申し出ていたんです。でも当時からすればどこの馬の骨とも分からない日本人からの申し出…お断りされてしまいました。それが、年月を経て今度は向こうから打診がきた」という本作。

日本を代表するスタジオジブリが世界の名作を映像化した「金曜ロードSHOW!『ゲド戦記』」は1月12日(金)21時〜日本テレビ系で放送。

(笠緒)

このニュースに関するつぶやき

  • これ…なにげに白夜行的なにおいが
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 宮崎駿Jr.の評価を決めた作品でしたね… いろんな意味でヽ(・∀・)
    • イイネ!46
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(70件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定