ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > エンタープライズ > 4K時代にクラウドは不向き? 求む、現代の“MO的”ディスク

4K時代にクラウドは不向き? 求む、現代の“MO的”ディスク

0

2018年02月14日 11:03  ITmediaエンタープライズ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmediaエンタープライズ

写真写真

 先日、ちょっとしたパーティーに参加しました。その際に撮影した写真やビデオを参加者たちに配ることになったのですが、実はこれが一苦労だったのです。



【その他の画像】



 写真ぐらいならクラウドストレージを使って、URLを送れば済むのですが、問題は4K動画。なんと4ギガバイトを超えており、配るのに案外、手間が掛かるのです。クラウドにアップロードするのも相当時間がかかりますし、かなりの容量があるので、クラウドストレージの容量も圧迫します。



 今回は配る相手がさほど多くなかったので、余っているUSBメモリにデータを入れ、「返さなくていいよ」と言って渡して事なきを得ましたが、この件を通じて、個人で取り扱うファイルサイズが巨大化するスピードに、安価で大容量な保存メディアが追い付いていないことに気付いたのです。



●CD-RやDVD-Rがちょうどいい容量で、手頃な値段だったあの頃



 思えばCD-RやDVD-Rの全盛期は、1枚数十円レベルのメディアなので、気兼ねなく配ることができました。今ではこのレベルのファイルサイズなら「メールで添付」どころか、写真や動画なら「LINEで共有」というのが当たり前かもしれません。



 私も当時は、1カ月間で作ったファイルや写真をまとめて1枚のCD-Rに保存し、それをバックアップとして保管していました。当時は1カ月でCD-Rの容量を使い切ることもなく、メディア代もほとんどただ同然だったことから、管理しやすい方法でバックアップをとることができました。



 思えば1990年代のバックアップは、1年間に作ったファイルをたった1枚のフロッピーディスク(1.4メガバイト)に保存していました。MOドライブ(240メガバイト)は高根の花でしたが、DTPやデザイン分野の仕事をしていて「MOに助けられた」という人も多かったのではないでしょうか。私は安価でそこそこ大容量な「Zipドライブ」(100メガバイト)に飛びつき、「未来がやってきた!」と思ったものです。



●1カ月のファイルがギガバイトクラスの時代、どう保管する?



 しかし……現在では仕事のファイルも、個人のファイルも、リッチな画像や動画をやりとりすることが増えています。特に写真の場合、後々の修正を考えてRAW形式で撮影すると、その容量は1枚10メガバイト級になります。つまり、1回の仕事で10ギガバイトを超えるファイルができてしまうので、1カ月分のバックアップを作るのにBlu-ray Discですら足りないのです。



 写真や動画はスマートフォンで写真撮影して、たまに旅行でデジカメを引っ張り出して……という普通の人なら、全てを「クラウド」に置いてしまうのがおすすめです。有料プランであれば1テラバイト程度は保存できるので、何も考えずそこに置けるような仕組みを使うのがもっとも便利でしょう。



 しかし、わが家は残念ながらそれでは容量が足りません。そんなヘビーユーザーは、ストレージ不足にとても悩んでいるのではないでしょうか。



●ランサムウェア対策にはバックアップ! とはいうものの……



 試しにわが家のデータの棚卸しをしたところ、過去に撮影した写真がトータルで約5テラバイト(!)、文書などのファイル群が約2テラバイト、そして音楽ファイルが約1テラバイト存在することが分かりました。このサイズだと、クラウドにアップするのは現実的ではなく、現在はNASと呼ばれる小さなサーバを使って管理しています。しかし、そのNASもバックアップが必要で、一時期は複数台のNASを運用し、無停電電源装置まで設置して保護をしていました。こんなのはもはや一般人を逸脱した「逸般人」にしかできないことだなぁ、と自虐的に見ています。



 過去に撮影した写真などは、本来ならCD-RやDVD-Rのような、「オフラインの保管メディア」に入れておき、本当に必要なときだけ読み込めればいいはずです。本来はそういった可搬性のある保管メディアがあればいいのですが、今、購入できるそういった大容量メディアはBD-R(25〜50ギガバイト程度)くらいしかありません。今のPCで、BD-R内蔵モデルがどのくらいあるかと考えると……これも非現実的でしょう。



 結局、最近はNASを併用しつつ、「今、購入できる最大容量の“ポータブル”HDD」を買い込んでいます。ポータブルを選んだ理由は、ケーブル1本で簡単につながるので、バックアップをしようという気になれるから。最近はかなり安価になって、4テラバイトのモデルも2万円台で購入できるようになりました。



 振動対策などは不安が残るものの、現実的に唯一の「大容量可搬メディア」です。これなら、USBのポートさえあれば、どんなPCからでもアクセスできるのも安心です。



 これまで、「ランサムウェア対策にはバックアップ」という話を本コラムで何度も取り上げてきましたが、「肝心のバックアップメディアが選べない」というセミプロユーザーも多いと思います。



 本来ならばクラウドストレージが安価になり、通信回線が太くなればいいのですが、今は過渡期ともいえる状況で、そういうわけにもいきません。



 そう考えると、1990年代の「MOディスク」のような、「バックアップやデータの受け渡しは任せろ!」というメディアが出てくれるとうれしいのですが……。個人的には「Archival Disc」がコンシューマー向けに出てきたらうれしいのですが、何年たっても出てこないということは、ニーズがないのかもしれません。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    ニュース設定