ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > パラ五輪「テレビがやれ」竹山

カンニング竹山「パラリンピックでテレビは何やってたんだ?」

1720

2018年03月21日 10:31  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)
 平昌冬季パラリンピックが閉幕した。日本勢が獲得したメダルは計10個(金3、銀4、銅3)で、「前回ソチ大会を超える7個以上」という目標は達成。だが大日方(おびなた)邦子団長は「世界との差を痛感した」と話すなど、課題も多く見えた。2020年の東京大会に向けて、「テレビに問題がある」とお笑い芸人のカンニング竹山さんは考える。

*  *  *
 平昌パラリンピックはテレビでなかなか中継されていなかったので、僕はNHKのアプリや「gorin.jp」という民放の動画配信サイトで、自分が見られる時間にライブ観戦していました。

 見ているとね、座位のスキーでもアイスホッケーでも、そのスタイルに違和感が無くなってくるんですよね。もともとそういうスポーツに見えてくる。

 今回初めて見た競技で驚いたのは、アルペンスキーの滑降視覚障がい。あれって、2人で滑るんですね。前の人がガイドで、選手を音と無線で誘導するんだそうです。障害があるとか無いとかじゃなくて、人間ってやろうと思えばここまでできるんだなって思いました。

 以前、視覚障害でスキーをやっていた女の子に取材したことがあって、「滑るの怖くないの?」って聞いたことがあるんです。そしたらその子は「目が見えたことがないので、怖いという感覚はありません」って言っていました。ああ、それが普通の感覚なんだなと思ったんですよね。

 パラリンピックの開催期間って10日間で、オリンピックよりも短いし中継も少ないから、予選から本戦まで応援するってことがなかなかできない。だから視聴者も盛り上がれない。これって純粋にもったいないと思うんですよ。

 問題はテレビで放送しないってことなんですよ! 同じ金メダルでも、オリンピックならトップニュースなのに、パラだと番組の中でちょっとやっているだけ。民放の中でも、障害者が頑張っている姿を特番で紹介しているような局もトップニュースにしない。「何やってんだ!」って話なんですよ。あなたたち、専門でしょう!?って。


 アルペンの村岡桃佳選手が5つめのメダルを取った日なんか、当然それがトップでしょうよ。やらないテレビに、本当にビックリなんですよね。

 僕らは受けてきた教育が間違っていて、障害者は「かわいそう」とか「いたわらないといけない」とか「足がないのに……」とか思ってしまうかもしれないけど、そういうことを取っ払って見られるのがスポーツでしょ。その最高峰のパラリンピックは障害者への差別がない社会にする絶好のチャンスだと思う。彼らはアスリートだから、俺らにも、同じ障害者にも到底できないことをやっているわけですよ。それに一喜一憂して観戦したらいい。それなのに、もったいないんですよ。平昌にタレントとかキャスター送ってるなら、トップニュースでやれ!って。

 スポンサーもパラには金を出さないんですかね。競技時間は日中だから人目につきにくいかもしれないけど、企業のイメージは絶対良くなるでしょ。なんでそう考えないんですかね。というか、なんで一緒に楽しもうとしないんでしょうか。


 ツイッターでもオリンピック閉幕後に「さぁ次はパラリンピックだ!となぜ言わない!」ってつぶやいたら、同じように思っている人が多かった。パラって知名度がまだまだだけど、テレビがやれよって話なんです。オリンピックなんて各局が異常なぐらいやってたんだから。

 出場した5種目すべてでメダルを取った村岡みたいなスター選手も出てくるわけじゃないですか。アイスホッケーのキーパーのオジサンなんか、61歳なんだよ。61歳で日本代表なんて、絶対面白いでしょう。そういうところは、いじっていいんですよ。アスリートなんだから気を使われるほうが嫌でしょ。

 気を使うことが優しさとか正義だと思っているかもしれないけど、今こそ違うんだよってわかるべきで、それに一番いいのがスポーツなんですよね。2020年の東京大会までに、そういうところが変わってほしい。

 それに障害を持っているのは大人だけじゃなくてガキもいますからね。その子たちの夢にもなるかもしれない。若い選手が増えるかもしれない。障害者でもそうじゃなくても誰しも可能性はあって、生きるヒントにもなるんだと思います。

※文中の種目名について、滑降「視覚障がい」とするところを、編集部が誤って滑降「座位」と記載してしまいました。訂正し、お詫びします。(2018年3月23日)

【おすすめ記事】ビートたけしが相方を亡くしたカンニングに「テレビの尺に合わせるな」と助言した真意


このニュースに関するつぶやき

  • 日本テレビはジャニタレ総動員てパラ中継やればいいよ。そしたら数字取れるんじゃないかな(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 良い事を言ったなぁ。テレビ放送されれば、それこそ障害を持った子供達が競技する選手を見て希望を持てるのではないか。
    • イイネ!1477
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(924件)

あなたにおすすめ

ニュース設定