ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > メアリージュン 脇役で高評価

高橋メアリージュン、主役を引き立てる”裏回し女優”としての地位を確立

139

2018年04月20日 08:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真3期連続出演3作目『あなたには帰る家がある』(TBS系)で小悪魔女子を演じている高橋メアリージュン(撮影・徳永徹)
3期連続出演3作目『あなたには帰る家がある』(TBS系)で小悪魔女子を演じている高橋メアリージュン(撮影・徳永徹)
 かつて『CanCam』(小学館)の専属モデルを務めるなど、モデル業が中心だった高橋メアリージュンだが、ここ数年は女優として目覚ましい飛躍を遂げている。昨年10月期のドラマ『コウノドリ』(TBS系)から1月期の『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)、そして4月スタートの『あなたには帰る家がある』(TBS系)と3期連続でドラマにレギュラー出演。いずれも脇役ながら、物語の転機となりうる役割で高評価を得ている。抜群の演技力で主役を引き立て、物語をさり気なく動かす“裏回し女優”として、確固たる地位を築きつつある。

【写真】高橋メアリージュン&高橋ユウ、難病がつないだ“姉妹の絆”に感涙

■人気モデルが女優に転身、再現ドラマなど地道な活動で広がった演技の幅

 2006年から2012年『CanCam』の専属モデル。それ以降は『CLASSY.』(光文社)のレギュラーモデルも務める高橋。妹の高橋ユウと姉妹揃ってモデル活動をしているが、ここ数年は、ドラマや映画でも、しばしばその名を目にするようになった。女優デビューとなったのはNHK連続テレビ小説『純と愛』。だがその主演オーディションを受けた高橋は落選している。

 「高橋さんのエッセイ本『Difficult? Yes.Impossible?…No.わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして』(ベストセラーズ)によれば、高橋さんのお芝居を見たプロデューサーが、その存在に着目。脚本の遊川和彦さんらと話をして、高橋さんありきの新たな役・マリヤを付け加えたそうです」と話すのは、メディア研究家の衣輪晋一氏。

 高橋は日本人の父親とスペイン系フィリピン人の母親を持つハーフ。マリヤはフィリピンから出稼ぎで日本にやってきた日本人とフィリピン人のハーフだ。「高橋さんのご実家は昔は裕福でしたが、事業に失敗して闇金の督促に怯える暮らしに。高橋さんは四人兄弟の長女として一家の大黒柱としての意志が強く、借金返済のために率先して兄弟4人で実家にお金を入れる生活をしている苦労人です。まさにあて書きの役柄」(衣輪氏)

 その後は、闇金に取り立てられたトラウマを乗り越えて挑んだ映画『闇金ウシジマくん Part2』に出演。感情の栓が狂った闇金社長役で注目されると、映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』の妖艶な美女・駒形由美役、や『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)の再現ドラマなど、“いい子”役からインパクト大の悪役まで、地道ながら着実に演技の幅を広げていった。


■借金返済、重なる病気をカミングアウト 壮絶な“生き様”を演技に昇華

 ところが、順風満帆に見える彼女の活躍の裏にさまざまな困難があった。先ほども触れたが、その一つは両親の借金の返済。そして2013年頃、『るろうに剣心』撮影中に高橋を襲った難病・潰瘍性大腸炎だ。安倍晋三首相もかかった難病で、本来であれば体を守るはずの免疫が大腸粘膜を攻撃。高橋はエッセイ本で、『るろうに剣心』の撮影中に「度重なる腹痛と下痢で、撮影中に何度もトイレへ。下痢におびえて頭が真っ白になることもあり、撮影中にオムツを履くことを決意した」とカミングアウトしている。

 2015年、姉妹で出席した『第3回ベストエンゲージメント2015』表彰式では、妹のユウが当時をこう振り返った。「ご飯も食べられないほどの症状と、映画の撮影というハードスケジュールが重なって、体調がどんどん悪化。みるみる痩せていきました(エッセイ本によればマイナス10kg)。撮影から家に帰ってきても、目の焦点も合わないままベッドに倒れ込んでいたお姉ちゃん。そして数時間後には這うようにして撮影に向かっていました」(高橋ユウ)

 このほか、女優デビュー直前には、当時の所属事務所を辞めることになり「高橋家が路頭に迷ってしまう!」と絶望を味わったことも(その後、現在のエイジアプロモーションに移籍)。そして、2016年には子宮頸がんが発覚。27歳の頃、映画『復讐したい』のクランクイン前には、ストレスなどが原因で顔面神経麻痺になり笑えなくなったこともあった。

 「そんな彼女を支えてきたのは、お母様の言葉。『すごく悲しいことが起きたとしても、いずれは自分のストーリーになるの。いつか笑顔で人に話すときがくるよ』だったそうです」(衣輪氏)。その数々の苦難も糧とする前向きな姿勢に、SNSでは「生き方かっこいい」「とても素敵な方」「女優を続けてくれてありがとう」といった声が挙がっている。

■“主役を食わない”迫真の演技、“人間らしさ”との両立で物語のキーパーソン役に

 「“芸は人なり”と言いますが、高橋さんは、まさにその言葉を体現した女優」と同氏。子宮頸がんを経験した高橋が『コウノドリ』では産後うつに悩む母親・彩加を演じ、徐々に疲弊して自殺にまで追い込まれていく様子を見事に表現。助産師の小松(吉田羊)が産後ケアの道に進むきっかけのひとつとなった。また、『隣の家族は青く見える』では、子どもを持つつもりのないネイリストのちひろを好演。その第2話で、子どものいる幸せを説く深雪(真飛聖)に向かって、「子どもがいなくても働いて社会貢献できる」「自分のものさしだけで他人を測るな!」と啖呵を切り、その迫真の演技に「女性の代弁者!」「子どもを産むのは権利であって義務じゃない!」と、SNS上で大絶賛を浴びた。

 「高橋さんの表現の源泉は、10代のボイストレーニングでの経験にあると考えられます。当時、上手く歌おうと躍起だった高橋さんに、ボイトレの先生が『亡くなった初恋の彼氏や上京の不安など全部思い出しながら、音程も何も気にせず歌ってみて。ぐちゃぐちゃになってもいいから』とアドバイス。このとき、先生は高橋さんの歌声に涙したそうです。『音程やリズムを気にかけることも大事。でもね、ジュンちゃんが歌ったものが本当の歌です』と言われ、高橋さんは同著のなかで『うまくやろうとすることよりも、気持ちを入れること、命を吹き込むことを最優先にする』きっかけになったと振り返っています」(衣輪氏)

 高橋の演技から感じられる人間らしさ――。彼女は決して主役を食うような“演技力がある”オーラは出さず、脇役に徹しながらも視聴者の心を響かせることができる。だからこそ、自然と物語の転機をつくる“裏回し”を担う役が続くのだろう。一時はハーフであることから「女優顔ではない」と言われたこともあるが、だからこそ見出したポジションとも言えるはずだ。

 今期ドラマ『あなたには帰る家がある』でも、主人公・佐藤真弓(中谷美紀)の夫・秀明(玉木宏)に「恋心を抱く小悪魔的後輩女子社員」という“ひと癖”ありそうな役を演じている。今作で高橋がどのような”裏回し”で、物語をかき回してくれるか楽しみだ。

(文/西島享)

このニュースに関するつぶやき

  • 最近、彼女の出演するドラマを見る機会が続き、演技力のある人だな、と思っていたけれど、経験して来たことが血肉となり、彼女を形作っているのだなと思った。私と同じ難病を持ち、更には子宮ガン…お母様の言葉に共感 https://mixi.at/a6MRfZo
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • この人をはじめ、脇に回る役者こそ、物語を引き立てる必要不可欠な存在ですよ。私は、ドラマ見る時、脇役、悪役から見てしまう。
    • イイネ!81
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(79件)

あなたにおすすめ

ニュース設定