ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 新海誠監督の娘、映画初主演

「君の名は。」新海誠監督の娘・新津ちせ、映画初主演 オーディションで抜擢<駅までの道をおしえて>

34

2018年06月13日 18:34  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真新津ちせ(C)2018映画『駅までの道をおしえて』製作委員会
新津ちせ(C)2018映画『駅までの道をおしえて』製作委員会
【新津ちせ/モデルプレス=6月13日】直木賞作家・伊集院静氏の小説「駅までの道をおしえて」を映画化することが決定。主演を映画「君の名は。」などの代表作を持つ新海誠監督の娘で子役の新津ちせ(にいつ・ちせ)が務める。

【さらに写真を見る】「君の名は。」新海誠監督の娘・新津ちせ、映画初主演 オーディションで抜擢

2019年秋公開予定で、今年創立120周年を迎える京急電鉄がタイアップコラボレーションすることも決定。主演には映画「3月のライオン」や、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」などで広く活躍し、話題となっている子役・新津をオーディションで抜擢した。伊集院氏にとって、実に15年ぶりとなる原作作品の映画化を彩る。

◆「駅までの道をおしえて」ストーリー

原作には、赤い京急電車が象徴的に登場し、物語に重要な役割を与えている。そんなエピソードを踏まえながら、京急電鉄がこの映画のストーリーやコンセプトに深く共感したことから、創立120周年を記念して、全面的な協力が実現した。

主人公・サヤカは、愛犬ルーを亡くしたことを受け入れることができず、いつまでもルーの帰りを待っている少女。そんなサヤカと、幼き息子を亡くした経験を持つ老人・フセコウタローが出会い、互いに胸に抱えた“命の喪失感”を二人の絆で温かい想い出に変えていくといったストーリーを描く。

主人公・サヤカ役のオーディションは、2017年の春に、一般公募という形で告知。各所で大きな話題を呼び、4次審査までおこなわれた。3か月間におよぶオーディションの結果、当時小学1年生だった新津がサヤカ役に決定した。新津にとって、今作が映画初主演となる。撮影は、丸1年という時間をかけて季節を追いながら、時系列でじっくり撮るという、近年の日本映画には珍しいスタイルでおこなっており、少女の成長がリアルタイムに感じられる作品となる。(modelpress編集部)

■新津ちせ コメント

サヤカ役を演じます、新津ちせです。 

サヤカは、元気いっぱいで、犬が大好きで、心のやさしい女の子です。わたしも、犬が大好きなので、サヤカ役に決まった時は本当にうれしかったです!

撮影中、ルーと一緒に過ごせることがとっても幸せで、毎日いろんな発見があります。

ルーと一緒にいっぱい走りまわっているので、ちょっと足がはやくなったような気がして、楽しいです。元気に、一生けんめいがんばります。

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 変質者に連れ去られるような題名だね
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 子供なのになぜか若さがない
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(21件)

あなたにおすすめ

ニュース設定