ホーム > mixiニュース > 地域 > 「ほぼ満杯」校庭に災害ゴミ

「これが被災地か」 積み上がった災害ゴミ、分類できず

144

2018年07月11日 19:58  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真閉校になった小学校には、冷蔵庫などの家電製品や家具など、豪雨の影響を受けた大量のゴミが次々と運び込まれていた=11日午後4時29分、広島県三原市、朝日新聞社ヘリから、矢木隆晴撮影
閉校になった小学校には、冷蔵庫などの家電製品や家具など、豪雨の影響を受けた大量のゴミが次々と運び込まれていた=11日午後4時29分、広島県三原市、朝日新聞社ヘリから、矢木隆晴撮影

 西日本を襲った豪雨で3人が亡くなった広島県三原市本郷町の船木地区では、閉校となった旧船木小学校の校庭が災害ごみの仮置き場となっている。10日午前から受け入れを開始。11日午後には、壊れた家具や家電製品、食器などでほぼ埋まり、高いところでは約3メートルまで積み上がった。


 近くで暮らす中嶋修身さん(80)は「グラウンドはほぼ満杯状態。どこまで受け入れられるのか」と不安な表情を浮かべた。


 担当の市の男性職員(58)は「生ごみやガスボンベなどは分類したかったが、これだけ多くの人が来たら1人ずつ対応しきれない」と話した。


 ごみをトラックから下ろす作業はボランティアも手伝った。三原市中之町の男子高校生は「これが被災地なんだと実感した。少しでも役に立ちたい」と話す。


 同地域では6日夜の沼田川の氾濫(はんらん)で、2階建て家屋の2階部分までが浸水する被害があった。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 途上国ならストリートチルドレンが金属部品を漁りに来るだろうがそれがないのは日本がまだまだ平和な証なのだろうか。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • こんなときでもちゃんと整頓して廃棄しやすいように片付ける日本人は、本当真面目だなって思う
    • イイネ!121
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(88件)

あなたにおすすめ

ニュース設定