ホーム > mixiニュース > 社会 > 204人死亡 2千人なお孤立状態

204人死亡、2千人なお孤立状態 西日本豪雨1週間

81

2018年07月13日 11:57  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真豪雨から1週間。真備町には重機が入り始めたが、今でも水が残る場所もある=2018年7月13日午前10時56分、岡山県倉敷市真備町、小林一茂撮影
豪雨から1週間。真備町には重機が入り始めたが、今でも水が残る場所もある=2018年7月13日午前10時56分、岡山県倉敷市真備町、小林一茂撮影

 西日本を中心とする豪雨災害は13日、大雨特別警報が最初に出た6日から1週間を迎えた。広島県と愛媛県では、なお2千人が孤立状態とみられている。死者が200人を超える中、行方不明者の捜索が続く。


 警察庁の13日午前4時45分時点のまとめでは、心肺停止で発見され、その後に死亡が確認された人を含めて、死者は204人。朝日新聞がまとめた13日午後1時時点の行方不明や連絡を取れない人は、少なくとも62人にのぼる。


 今回の災害では土砂崩れが広域的に発生。道路が寸断されて、孤立状態になる地域が相次いだ。


 広島県内は、10日午後5時時点で少なくとも約2万人が孤立状態だった。次第に解消に向かっているが、12日午後5時時点でも呉市の4地区2067人が孤立状態になっている。


 愛媛県では8日午後3時時点で少なくとも2620人が孤立集落に残されていたが、12日正午時点では西予(せいよ)市の1地区37人としている。岡山県では該当する地域はないという。


 自治体の集計では孤立状態が「解消」とされても、車が通行できずに不便な生活が続く集落もある。


 広島市安芸区の山あいに約100戸が並ぶ「清山(せいざん)団地」と「清松園(せいしょうえん)団地」では、8棟が流され、市中心部につながる国道に通じる道や橋が崩れ落ちた。初めて支援物資が到着したのは11日の午後。飲料水とサバの缶詰が配られた。


 住民の男性(70)は「車で買い物に出られないので、知り合いに迎えに来てもらっている」と話す。団地の入り口で車を降り、荷物を背負って坂道を上がるお年寄りもいるという。


 断水も続くが、団地に残る住民は少なくない。70代の女性は「避難所へ行っても戻ってくる人が多い。家が心配なんでしょう」。道路の復旧のめどは立たず、住民の不安は募る。


 2014年の内閣府の調査では、災害時に孤立状態になるおそれがあるとされた集落は全国に約1万9千にのぼる。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 南海トラフ は、これの比では無いのかもなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 安倍よ、カジノとかオリンピックどころじゃないだろ�ѥ���
    • イイネ!49
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(51件)

あなたにおすすめ

ニュース設定