ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 織田裕二主演 月9に鈴木保奈美

鈴木保奈美が24年ぶり月9出演へ 織田裕二と『東京ラブストーリー』以来、27年ぶり共演「楽しみ」

277

2018年08月20日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真10月期フジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』に出演することが決まった鈴木保奈美(C)フジテレビ
10月期フジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』に出演することが決まった鈴木保奈美(C)フジテレビ
 女優の鈴木保奈美が、俳優・織田裕二主演の10月期フジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』(毎週月曜 後9:00)に出演することが20日、わかった。鈴木が“月9”に出演するのは、『この世の果て』(1994年1月クール)以来24年ぶり、織田と共演するのは『東京ラブストーリー』(1991年1月クール)以来27年ぶりとなり「自分も織田さんに対してどういうアプローチができるのか、ワクワクしています」と思いを明かしている。

【全身ショット】美脚チラリ…変わらぬスタイルで月9出演する鈴木保奈美

 同ドラマは、全米でメガヒットしたスタイリッシュな弁護士ドラマ『SUITS』を原作に、織田は敏腕弁護士の主人公・甲斐正午(かいしょうご)を演じ、彼のバディとなる若き天才フリーター・鈴木大貴(すずきだいき)をHey! Say! JUMPの中島裕翔が演じる。常に対立しながらも、数々の厄介な訴訟を解決していく姿を描く。

 鈴木が今作で演じるのは幸村チカ(ゆきむら・ちか)。日本の四大弁護士事務所の一つ「幸村・上杉法律事務所」の所長(代表弁護士)で、織田演じる甲斐や中島演じる大貴の上司。チカは、若い頃から自分の将来像を明確に持ち、成り上がってきた女性で、自腹を切って甲斐をハーバード大学に留学させ、優秀な弁護士に育て上げた経緯があり、甲斐にとっては唯一頭が上がらない人物となる。

 そんなチカを、弁護士役初挑戦となる鈴木がどのように作り上げていくのか。そして、織田と恋人役を演じた『東京ラブストーリー』から27年を経て、今回は同じ職場の上司と部下という関係性で、再共演することにも注目が集まる。

 鈴木は「“24年ぶり”という数字を聞くと、“わぁ〜(驚)”で終わりなんですけど(笑)、私個人にとっては24年という長いブランクがありながらも、お声がけ頂けるということに感謝しかありません。と同時に、“お前、24年、何をやっていたんだ!”と言われないように(笑)、24年前とは違う“鈴木保奈美”をお見せしなければならないと思います」と意気込み。

 「24年たって、自分が俳優として成長できたとは1ミリも思わないですけど、“24年分、生きてきた”ということが、お芝居の中で何かしら反映されるとは思います。撮影を前にして、やらなくちゃという思いと、どう出せるかなという楽しみがあります」と力を込め「“月9ドラマ”は、俳優としてのキャリアの初期に出演させて頂いて、そこで大変大きな作品に恵まれましたので、本当に感謝しています。今、振り返ると、自分が海のものとも山のものとも分からない時期に、ものすごい巡り会いを頂いたんだなと改めて思いますし、“月9ドラマ”は大事な宝物のような存在です」と話す。

 織田との再共演には「“東京ラブストーリー”の頃は、駆け出しの俳優で、本当に自分のことで精一杯で、相手役の織田裕二さんをはじめ、共演者の皆さんをちゃんと見ることができませんでした」と振り返りつつ「織田さんのその後のご活躍を拝見していて、27年ぶりの共演をとても楽しみにしています。織田さんがどんな感じで今回のドラマに臨まれるかに興味がありますし、自分も織田さんに対してどういうアプローチができるのか、ワクワクしています」と期待を寄せている。

 鈴木の起用にプロデューサーの後藤博幸氏は「日本最大手の法律事務所所長として、非情なまでの強さと唯一無二の華を併せ持つクールなキャラクター、チカ。織田さん演じる敏腕弁護士・甲斐も頭が上がらない絶対的オーラを表現していただけるのは、鈴木保奈美さんしかいないと確信しお願いしました」とコメントしている。

このニュースに関するつぶやき

  • これは楽しみだ♪フジなら『東京ラブストーリー』の再放送、普通にしそう。全然51歳に見えない!最近では『愛していても秘密はある』の演技が凄かった。織田裕二は沙羅駆の印象が未だ抜けない
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • カンチとリカの共演楽しみですね(* ゚∀゚)
    • イイネ!82
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(152件)

あなたにおすすめ

ニュース設定