ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > ボンジョヴィ盆踊りに公式反応

「ボン・ジョヴィで盆踊り」が中野駅前で大盛況→公式がまさかの反応「来日公演でみなさんが踊るのが楽しみ」

219

2018年08月21日 10:42  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真サビはみんなで大合唱
サビはみんなで大合唱

 8月14日に開催された「2018 中野駅前大盆踊り大会」で、ボン・ジョヴィの「Livin' On A Prayer」が流れ、場を大いに盛り上げました。この「ボン・ジョヴィで盆踊り」というダジャレめいた趣向は、ネットで広く拡散。ついにはボン・ジョヴィ公式Twitterが「11月26日と27日の来日公演で、みなさんがこうして踊ってくれるのを楽しみにしているよ!」と反応するまでに至りました。すごいぞ盆ジョヴィ。



【その他の画像】



 意外にも盆踊りとマッチしたボン・ジョヴィの曲が流れたのは、大会内の企画「BON DISCO DANCE大会」でのこと。伝統的な盆踊りだけではなく、DJが場の雰囲気を読んで選んだ曲を流すことで、盆踊りを広く楽しんでもらおうとディスコと盆踊りを融合させる試みでした。また、映画「サタデー・ナイト・フィーバー」日本公開40周年記念キャンペーン「DISCO FEVER」の一環として、ユニバーサル ミュージックが協力しているといった背景もあります。



 選曲を担当したDJ Cellyさんは、後日Twitterで「本人たちに届かないかな」と、会場の様子をボン・ジョヴィやメンバーのアカウントにあてて送信していました。やがて願いはかない、「うれしすぎて、サマソニに行ってどのライブを見ても頭の中でずっとボン・ジョヴィが流れている」と、喜びをにじませています。そんな彼女を編集部は取材し、心境などを聞きました。



 DJ Cellyさんが選んだのは10曲。DJタイムの前に盆踊りの先生、鳳蝶美成さんが「Y.M.C.A.」と「君の瞳に恋してる」に振り付けしており、その2曲を彼のリクエストで別個に流したそうです。



DJ Cellyさんのセレクト



 「Livin' On A Prayer」を選んだ大きな理由は、ポピュラーな曲だったことでした。後列のほうにいるお客さんには撮影をしている人が多かったそうで、「踊れないのかな?」と想像したDJ Cellyさんは、ボン・ジョヴィならば一緒に歌って盛り上がれるのではと考えたのだそうです。



 それまでの曲でお客さんのテンションが高まっていたことも理由の1つ。期待に応えられるような、勢いがあって絶対に誰でも知ってる曲はこれだ! と思い、自身も大好きな曲を選んだとのことでした。



 終わったあとは盛大な拍手が鳴り響く大評判。クラブのDJではない、貴重な体験だったといいます。また、「こんな盆踊りなら参加してみたい」「来年は絶対行く!」など、Twitterでも好評のリプライが多数寄せられたそうです。



 盆踊りの様子がボン・ジョヴィ公式に届いた感想を聞くと、「大ファンでよくDJプレイでかけていたので、とにかくうれしかったです。もともとロックが好きで音楽を始めたので、ロックの神様のような人に届いたのが夢のようです」との回答。よく姉から「見ててくれる人は見てくれてるから、どこへ行ってもどんなイベントでも妥協せずに200%の音楽を提供するんだよ!」と励まされていたことを思い出したそうで、応援してくれた彼女に感謝を述べていました。



 DJ Cellyさんは、「DISCO FEVER」のイベント「Summer 80's LIVE & DISCO」(8月24日/グランドハイアット東京)に出演予定。「また懐かしのディスコソングをたくさんかけるので、ぜひ遊びに来てください」とアピールしています。


このニュースに関するつぶやき

  • 私も一緒に踊りたいexclamation ��2���줷�����Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • まさに「粋」だよね♪音楽なんて本当はこうやって楽しむもんなんだろうな。 https://mixi.at/adfyqej
    • イイネ!95
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(109件)

あなたにおすすめ

ニュース設定