ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > フジ「木10枠」4年ぶりの快挙

山崎賢人主演「グッド・ドクター」最終回視聴率を発表 フジ木10枠4年ぶり快挙

126

2018年09月14日 11:34  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真(左から)上野樹里、山崎賢人、藤木直人(C)モデルプレス
(左から)上野樹里、山崎賢人、藤木直人(C)モデルプレス
【グッド・ドクター/モデルプレス=9月14日】俳優の山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)が主演を務めるフジテレビ系ドラマ『グッド・ドクター』(毎週木曜よる10時〜)の最終話が13日に放送され、14日に視聴率が発表された。

「グッド・ドクター」最終話の見どころを写真で振り返る

最終話の平均視聴率は、12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。初回11.5%、第2話10.6%、第3話11.6%、第4話10.6%、第5話12.2%、第6話10.8%、第7話13.0%、第8話9.4%、第9話10.2%。

期間(全話)平均は、11.2%。期間平均2桁は、2014年10月クールの『ディア・シスター』以来約4年ぶりの快挙となった。

◆山崎賢人主演「グッド・ドクター」

2013年に韓国で放送、2017年に『グッド・ドクター 名医の条件』としてアメリカでも連続ドラマ化された、同名作の連続ドラマ『グッド・ドクター』が原作。

山崎演じる、自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊が、小児外科のレジデントとして、子どもたちの命のために闘い、心に寄り添い、そしてともに成長していく姿を感情豊かに描く。

◆「グッド・ドクター」最終話あらすじ

東郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。だが、新堂湊(山崎賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添っている。これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ急ぐ。

瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話す。そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…というストーリーが展開された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ 原作クラッシャーとしてレッテルを貼られとった彼にとっては、やっと向いとる役に当たったなぁ…と。 ただ、これに調子乗って海外ドラマアレンジすんなよ?CX。 今回はある種のまぐれ当たりだから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 山崎賢人の演技が素晴らしかった。 難しい役だったはずなのに。
    • イイネ!92
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(67件)

あなたにおすすめ

ニュース設定