ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 鈴木亮平、西郷命日にお墓参り

鈴木亮平、西郷隆盛の命日にお墓参り「気持ちを新たに責任感を持って」と誓う

49

2018年09月24日 15:57  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真西郷隆盛の命日(9月24日)にお墓参りをした大河ドラマ『西郷どん』主演の鈴木亮平と黒木華(C)NHK
西郷隆盛の命日(9月24日)にお墓参りをした大河ドラマ『西郷どん』主演の鈴木亮平と黒木華(C)NHK
 NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に出演する鈴木亮平と黒木華が、西郷隆盛の命日である24日、お墓参りのため、鹿児島市の西郷隆盛をまつった南洲神社、西南戦争の戦死者が埋葬されている南洲墓地を訪れた。

【西郷どん】最終章メインビジュアルは西郷と大久保の2ショット

 士族による武力反乱のリーダーとして明治新政府軍と戦った隆盛は、明治10年(1877年)9月24日未明に、城山で自刃。西郷軍が全滅し西南戦争が終結した。お墓参り後、墓地に隣接する西郷南洲顕彰館前で取材に応じた鈴木は「命日である今日、実際に鹿児島の地を踏んでお参りができて、身が引き締まる思いがしました。これからいよいよ撮影が西郷さんの最後の日々に入ってまいりますので、気持ちを新たに責任感を持ってやりたいなという気持ちを強くしました」と話した。

 これまでに何度も(5回くらい)南洲神社を訪れているといい、「墓前では、毎回来るたびにいつも同じですが、精一杯自分にできることを、西郷さんに恥ずかしくないようにやらせていただくつもりですとお伝えしました」。

 終盤に向けて、「明治編に入ると西郷さんと大久保さんの話になっていきます。瑛太さんと今まで積み重ねて来た信頼関係を元に思い切りぶつかって、魂の芝居をお届けできたらなと思います。今までは、西郷吉之助のお話でしたが、息子の西郷菊次郎から見た父親の話になっていきます。今までの愚直で優しいことが取り柄だった男が戦を経験し、国を変えたその後に、どういうことを背負い、どういう重みを持って生きていくのか、ここからが、鈴木亮平の西郷隆盛はどうあるのかと問われると思いますので、ぜひご覧いただきたいと思います」と、視聴者にアピールした。

 一方、隆盛の妻・糸を演じる黒木は、南洲神社は初参拝。「西郷さんの命日の日に鹿児島に来て、昨日も鹿児島市でトークショーがありましたが、鹿児島の方と直接お話ししたりとかお会いすることができて、しっかり西郷さんを支える糸として生きていければいいなと改めて思いました。墓前では、無事に撮影が最後まで終わるよう、見守ってくださいとお伝えしました。(終盤に向けて)今までは女性しての悩みや成長でしたけど、これからは母として糸さんが家を守っていくので、また違った成長をお見せできるよう、頑張って撮影をしています」と話していた。

このニュースに関するつぶやき

  • 西郷どん面白いから日曜日見てます����ʴ򤷤�����
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 太って痩せてすごいな!体心配になるくらいだわ! https://mixi.at/aeUcHWB
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(28件)

あなたにおすすめ

ニュース設定