ホーム > mixiニュース > 社会 > 年金機構、手数料6億円むだ遣い 受給者情報を重複収集

年金機構、手数料6億円むだ遣い 受給者情報を重複収集

7

2018年10月12日 15:43  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 日本年金機構が年金受給者の生存を確認する際に支払っている手数料について会計検査院が調べたところ、2016、17年度に不必要な手数料約6億3千万円が支払われていたことがわかった。検査院は10日、年金機構に手数料を節減するように改善を求めた。


 年金機構は年に1回、年金受給者の生存を確認するため、住民票などの情報を管理する「地方公共団体情報システム機構」から「死亡」「不明」「生存」などの情報提供を受け、手数料を払っている。16、17年度は約7900万件の提供を受け、手数料は約6億7千万円だった。


 しかし、検査院が調べたところ、年金機構はこれとは別に月ごとにも、受給者の情報について提供を受けていた。情報が重複しており、約400万件(手数料約4千万円分)を除き、年1回の情報提供は必要なかったという。年金機構は「指摘を真摯(しんし)に受け止め、改善を図る」としている。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • これを批判する者は建設労働者確保育成助成金の払い過ぎも批判しなければ辻褄が合わない
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • しっかりしてくれ! ま、大企業・内部留保400兆円に比べると微々たる話しだけれどね。わてらボンビーに「手数料6億円むだ遣い」なんてのは見たくないよ!
    • イイネ!9
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ニュース設定