ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 井浦新 ARATAから改名した理由

井浦新、ARATAから改名した理由語る

64

2018年10月18日 13:49  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真井浦新 (C)モデルプレス
井浦新 (C)モデルプレス
【井浦新/モデルプレス=10月18日】俳優の井浦新が、17日放送のフジテレビ系バラエティー番組「TOKIOカケル」(毎週水曜よる11時〜)にゲスト出演。活動名をARATAから井浦新に変えた理由を明かした。

井浦新にスタジオ騒然 ぶっ飛びぶりに「こんなに面白い人だなんて知らなかった」視聴者も驚き

◆改名のキッカケは故・若松孝二監督の言葉

2012年より本名の「井浦新」で活動している井浦。改名のキッカケは、恩師でもある故・若松孝二監督の映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」(2012年公開)で、主演を務めたことだったという。

井浦は同映画に、主演の三島由紀夫役で出演。監督は「この映画は日本というものを表したい」という思いで作っていたそうで、井浦は「主演だから最初にエンドロールでアルファベットでARATAって出てきちゃう。自分がお客さんだったシラケるなと思って、監督に『本名に戻してもいいですか?』と相談した」と改名の経緯を明かした。

当時監督は「バカヤロー!!名前戻したら誰が主演か分からなくてお客来ねえじゃねえか!!」と激怒。しかし「でもそういう気持ち、俺は好きなんだ。いいよ、この映画から変えろ」と承諾してくれたという。

しかし、出来上がったエンドロールで流れてきたエンディング曲は“海外の歌”。井浦は「すげぇむちゃくちゃだなぁ〜と思って。かっこよすぎて」と当時を振り返った。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • ARATAだった頃からすっごく好きだった。あの骨格の良さが。でも情報が少なすぎて何やってるかさっぱりだったなあ。今は俳優として露出が多いので、見つけやすくなったw
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • でもそういう気持ち、俺は好きなんだ。いいよ、この映画から変えろ 良いですね����ʴ򤷤�����
    • イイネ!27
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(29件)

あなたにおすすめ

ニュース設定