ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > 「奪い愛」最終回は副音声付き

『奪い愛、冬』最終回は副音声付き 水野美紀、大谷亮平、鈴木おさむ氏がツッコミまくる

72

2017年03月02日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真テレビ朝日系ドラマ『奪い愛、冬』最終回はこの3人が副音声で語り尽くせない裏話の一部を語る (C)ORICON NewS inc.
テレビ朝日系ドラマ『奪い愛、冬』最終回はこの3人が副音声で語り尽くせない裏話の一部を語る (C)ORICON NewS inc.
 「蘭のまねをする小学生で、学校の掃除用具入れに行列ができたみたいですよ」。テレビ朝日系で放送中のドラマ『奪い愛、冬』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)で、「ここにいるよ〜」と自宅の掃除用具入れから飛び出し、夫の不倫現場に乱入する怪演で話題をさらった女優の水野美紀がうれしそうに話していた相手は、同ドラマの脚本を手掛けた鈴木おさむ氏と、夫婦役を演じた大谷亮平。あす3日の最終回で副音声放送の実施が決定。3月1日の夜、都内のスタジオに3人が集まり、最終回を観ながら裏話に花を咲かせた。

【動画】『奪い愛、冬』ハプニング集〜緊迫シーンの裏側

 収録後、水野は「ドラマの副音声(オーディオコメンタリー)は初めて。おさむさんから、私も知らなかった裏話が聞けてうれしかったです」と楽しんだ様子。彼女をうならせた裏話の最たるものは、同ドラマにおける「5分に1回ルール」。

 鈴木氏も「最終回を観て、本当に5分に1回変なことが起きるなって」と笑ったが、プロデューサー陣からそのようなオーダーがあったと明かす。シナリオ会議で意見を交わし、「どんな現象が起きたら面白いのかを考えていきました。現実の世界の方が変なことが起きるもの。変な現象が起きながら物語が進んでいく恋愛ドラマというのは新しいな。役者さんもすごくカロリーを消費する芝居をしてくださって、よかったです。お疲れ様でした。ドラマの脚本を書くのは久しぶりだったんですが、こんなに楽しんで書けたのは初めてだったかもしれません」と充実感をにじませた。

 同ドラマは、ほかの女性と結婚した元カレ・信(大谷)を奪い返すヒロイン・光(倉科カナ)を中心に、光の今カレ・康太(三浦翔平)、信の妻・蘭(水野)、康太に片思いする秀子(秋元才加)、礼香(ダレノガレ明美)、康太の母・美佐(榊原郁恵)らが激しい嫉妬と愛の炎を燃やす物語。

 大谷は「1話では、(登場人物の)善悪がはっきりしていたように見えるんですが、進むにつれて逆転現象が起きて、最終回を観て、自分が演じた信の優柔不断が一番の悪だったんじゃないかと思いました。はっきりストレートに自分の気持ちを表に出している蘭や康太が善に見えてきて、光は善人なのか?と思ってしまった。ドロドロの深い愛が進むと、こういうことになるのかな」と感じ入っていた。

 最終回は、光の「覚醒」が見どころ。「最後の最後までどうなるんだろうと思わせる。いってほしい方向に進みながら裏切っていく」と鈴木氏。水野は「愛って難しい」と感慨深げに話していた。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • ふーん、こりゃ子供もがっっつり見てるんやね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 録画ならいいですが、小学生がリアルタイムで観るような時間のドラマじゃないと思う。恋ダンスも流行ってたけど、小学生が契約結婚のことほんまにわかってんのかと思う。
    • イイネ!34
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(26件)

チケット情報

チケット

ダレノガレ明美のチケット

チケット出品&リクエスト受付中