• このエントリーをはてなブックマークに追加

防空壕シアター、相次ぐ予約

47

2020年08月13日 14:01 時事通信社

  • 当分の間は東京から出られそうにありませんが、いつかは行ってみたいですね。 紫電改のレプリカも見てみたいです。
    • 2020年08月13日 15:35
    • イイネ!2
    • コメント3
  • 特攻隊、集団自決、投降とその背景には絶望と安堵、様々な想いがある。出陣する若者に贈るチョコレートを作る女学生に「これを混ぜるように」と“白い粉”が渡される。何か知ったのは戦後だったそうだ。
    • 2020年08月13日 14:54
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 自己犠牲が賞賛されるのは 負け戦の時が多く 勝ち戦の時の自己犠牲は 悲劇的に語られる それでも 米軍の前に 僅かなエリート兵士が立ち塞がった事は 同じ国で生まれた者の 胸を熱くさせる
    • 2020年08月14日 16:05
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 幼少期探検と称して遊んだ防空壕跡を想像してたら違った。直上が神社の山腹で、天井からは木の根が露出したカビ臭い穴でコーラ缶などが廃棄されていた。近隣にスズメバチの巣もありスリル満点w
    • 2020年08月13日 15:34
    • イイネ!1
    • コメント4
  • ここには、ディーゼル発電機が設置されていました。少し西に普通の防空壕(素掘り含む)があり。東に発令書があります(民家敷地内)。施設の大部分が神大の敷地内です。
    • 2020年08月13日 15:16
    • イイネ!1
    • コメント1
  • 平和について考えていただければ ← 「平和とは次の戦争の準備期間である」どやぁ(パクリ)
    • 2020年08月13日 15:07
    • イイネ!1
    • コメント0
  • で、なんでクソ無能共がとち狂って特攻隊なんて究極の愚策に至ったのか、そこは説明無しかい?
    • 2020年08月13日 17:06
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 国や家族のために命を散らした、その心中はどういったものだったろうか。平和ボケした私にはわからない。
    • 2020年08月13日 15:38
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 防空壕は節子の家だから荒らしたら駄目だ。
    • 2020年08月13日 14:59
    • イイネ!0
    • コメント0
ニュース設定