ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 任侠漫画家が「萌え」研究なぜ > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 逆によつばと!の作者の極道系を見てみたい。
    • 2019年12月08日 19:40
    • イイネ!3
    • コメント0
  • かの重厚な劇画絵を手掛ける池上遼一さんが『ガールズ&パンツァー』に嵌まられた(!)事を考えれば、良い意味で無視出来ない姿勢でもあるなと、読んでいて頷いていたり。
    • 2019年12月08日 13:35
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 萌えを取り入れようとして諦めた漫画家「漫画太郎」(笑)
    • 2019年12月08日 12:39
    • イイネ!3
    • コメント0
  • それだけ勉強熱心だということ、尊敬します。
    • 2019年12月08日 11:31
    • イイネ!3
    • コメント0
  • すげぇわかる。いつも意外に思われるがボクは“萌え”が理解できず美少女キャラに強い嫌悪感を持っている。が、だからこそ研究対象にできるんだ。書籍化してほしいな!
    • 2019年12月08日 10:40
    • イイネ!3
    • コメント0
  • ほぼ同世代だが既に私らの中高生頃に二次元美少女や擬人化の萌芽は有り我知らず脳裏に刷り込まれた感が(苦笑)「深窓の令嬢」タイプから「クラスに居る身近な可愛い子」にシフトしてるのは確かかな? https://mixi.at/ajul5XS
    • 2019年12月08日 10:33
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 最近コンビニで実録ヤクザ漫画を売ってないのは自主規制?それとも行政指導?
    • 2019年12月08日 08:58
    • イイネ!3
    • コメント4
  • そりゃ手塚先生でさえ、ウォルト・ディズニーを始めに、水木しげるや大友克洋を研究して絵柄を変え続けてきたんだから、一線で活躍している人は何歳になっても勉強しているでしょ。
    • 2019年12月08日 08:51
    • イイネ!3
    • コメント1
  • 萌え 本来の意味自体 確か 花が咲く咲き切る前の あとちょっとで完璧なのに・・・!! という無限の可能性を秘めて悩むことのできるレプリロイド的な意味合いだったと思う(絶対違う)
    • 2019年12月08日 08:50
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 絵というかデザインからその時期の流行や育ちなどを推察するのは絵描きならでは視点で感心した。
    • 2019年12月08日 12:38
    • イイネ!2
    • コメント1
  • 立ち位置が真反対だからこそ冷静に研究・分析が出来るんだろなー
    • 2019年12月08日 12:36
    • イイネ!2
    • コメント0
  • Twitterで流れてくるので、この人が萌え絵に挑戦しているのは知っていたが、インタビュー記事は面白い。なるほどねえ(笑)
    • 2019年12月08日 11:51
    • イイネ!2
    • コメント1
  • 画像見たけどアホ毛はラキスタより前からあって私の記憶内だとアホ毛と初めて命名されたのは山田南平の「オトナになる方法」の台詞からである。この作品は萌と違うのかな?でも少女漫画も含まれてるしな
    • 2019年12月08日 11:40
    • イイネ!2
    • コメント2
  • 凄いな!全部見てきたけど流石プロ漫画家さんだわ。自分なんか絵が固まっちゃってるから、とても真似出来ないf(^_^;
    • 2019年12月08日 11:25
    • イイネ!2
    • コメント0
  • どんな絵柄でも描けちゃうあたり凄い! 凄いわ…。(ゴクッ)
    • 2019年12月08日 10:53
    • イイネ!2
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

ニュース設定