• このエントリーをはてなブックマークに追加

「吃音者」が感じる差別とは

152

2022年08月13日 09:11 日刊SPA!

  • 乗り越えた人だけに聞くのも、問題の矮小化なのではと思わなくもない。乙武氏だけ見て障害者を語る的な。人間関係では相手個人を見ればいいけど、放送となると難しいね。
    • 2022年08月13日 12:30
    • イイネ!2
    • コメント1
  • でも乞音者は、他の障害や欠点がある人を笑ったり差別したりするんだぞ
    • 2022年08月13日 10:59
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 先輩でいたけどその人は自分から喋りに行ってた。それをからかうような雰囲気を作らないようになってた。行動1つと周りに恵まれてるかで変わるよね。
    • 2022年08月14日 15:12
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 何もかも他人と同じじゃないと差別と大騒ぎ、そういう卑しい根性が何より人に嫌われる
    • 2022年08月14日 09:47
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 私も言語障害で、自分の名前に言いにくい文字があったため、自分の名前が言えなかった。周りから何回も名前を言わされるって事があった。
    • 2022年08月14日 08:18
    • イイネ!1
    • コメント1
  • 故人になるけど、スキャットマン・ジョンというシンガーは、吃音を上手く利用していたんだという話。稀有な話だけどね。
    • 2022年08月14日 03:31
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 吃音じゃないけど、薬の副作用とか具合悪い時に呂律が回らなくて、それを笑われたり物真似されたのは嫌だったな。
    • 2022年08月14日 03:01
    • イイネ!1
    • コメント3
  • 一寸トピずれですが,1982年ユーレルパスでヨーロッパ一人旅中、イタリアからドイツに行く車中のイタリア人の兵士の一人が酷い吃りだったのを憶えています。しかも大きな声で話して。
    • 2022年08月13日 23:21
    • イイネ!1
    • コメント1
  • 父が昔教えてくれたのは「戯れにも、吃りの真似をしては駄目だよ。本当にそうなっちゃうからね。」でした。
    • 2022年08月13日 23:14
    • イイネ!1
    • コメント1
  • 小6の時に身体がノッキングするくらい重度の吃音症の子がいて、その子に本読みさせる鬼畜な教師がいた。
    • 2022年08月13日 20:57
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 大御所声優の柴田秀勝さんが吃音症だった話を思い出しましたね。子供の頃は「た行」がうまく言えなかったと聞きましたし、周りの人々の協力もあり、克服していきました。
    • 2022年08月13日 19:46
    • イイネ!1
    • コメント0
  • ネトウヨは五円二十五銭を「コエンニチュウコセン」と発音するらしい。また「ツ」が発音できず「トゥ」と発音する。
    • 2022年08月13日 14:13
    • イイネ!1
    • コメント0
  • これに限ったことじゃないけど「テレビで芸能人/芸人がやってたから自分もやっていい」と判断するやつに問題あるんだよなぁ。いいわけねーだろ。
    • 2022年08月13日 13:55
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 昔の職場の先輩で吃音者が居たけど、そのことを気に留める人は一人も居なかった。 普通に会話に入ってたし見下すこともない。 本人が気にするのは仕方ないが意外と周りはそんなもん。
    • 2022年08月13日 13:19
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 高校の生物の先生がひどい吃りで何言ってるかわからんかった。喋る仕事全てとは言わんが教壇に立つ人はダメだろう。もっともその人はすぐに生徒に手をあげる吃り以前の問題だったが。
    • 2022年08月13日 13:18
    • イイネ!1
    • コメント0

前日のランキングへ

ニュース設定