ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 女優・李麗仙が脳梗塞で治療 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優・李麗仙が脳梗塞で治療

34

2019年10月19日 13:11 日刊スポーツ

  • 昔大河ドラマで川谷拓三の相手役上手かった人ですね。
    • 2019年10月19日 14:56
    • イイネ!20
    • コメント1
  • 健康保険が使いたいから 帰化したって言ってた人ね 日本は大嫌いとも言ってたし
    • 2019年10月19日 14:40
    • イイネ!17
    • コメント1
  • 闘病中の方にヘイトな言葉はどうかな?日本のブティックに勤めてた時に女優感を出さず笑顔で優しくとても気持ち良く日本ブランドの服を買って下さいましたよ。早い快復お祈りしてます!また街角で颯爽としたお姿お見かけしたいです*^^*
    • 2019年10月19日 21:51
    • イイネ!11
    • コメント2
  • こんなバ韓国♀はどうでもいいや。田淵と熱愛したと記憶してたのは間違いだったか。 この記事で知ったが、大鶴義丹って唐十郎の息子だったのか(笑)
    • 2019年10月19日 14:43
    • イイネ!7
    • コメント2
  • この方は唐十郎氏と出会わなかったらどんな人生になっていたのかな?と思う所もある。在日の方らしい激しく情熱的な人生のうち、夫の唐十郎氏の演出部分はかなり大きい気がするので。義丹氏も大変な両親で苦労してるんだろうな(⌒-⌒; )
    • 2019年10月19日 15:02
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 金切り声に特徴のある人だね。 歳を重ねてからは、穏やかな役もこなすようになったが、「黄金の日日」や「金八先生」かな。
    • 2019年10月19日 14:47
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 大鶴義丹って両親どっちに似たのだろ。あんまり親子感ない。。まぁ77にもなれば病気のひとつやふたつあるよなぁ。
    • 2019年10月19日 14:45
    • イイネ!4
    • コメント0
  • アングラ劇の旋風を巻き起こした、寺山修司の「天井桟敷」と唐十郎の「状況劇場」。状況劇場のヒロインが李麗仙。紅(あか)テント劇場での巡業公演が始まったのが1967年。リアルタイムで熱狂していた世代も、すでに高齢化、冥土へ行進中。
    • 2019年10月19日 17:07
    • イイネ!3
    • コメント9
  • 昔、TBSのドラマの「とんぼ」だったか何かに出ていたなぁ。闇のある嫌味ったらしい中年女性を演じさせたら最高の演技だった。お大事に。
    • 2019年10月19日 16:40
    • イイネ!3
    • コメント1
  • 健康保険を使いたいから帰化したと抜かすチョンババア、弘法だかチンポコだか並みに存在価値が無いな。
    • 2019年10月19日 16:02
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 紅テントでの芝居公演で最後、このひとが踊る舞台がトラックに乗ったまま野外の闇に消えていくのには、シビレたもんです。お大事に。
    • 2019年10月19日 15:16
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 誰やこれ https://mixi.at/agrMOHv
    • 2019年10月19日 14:34
    • イイネ!2
    • コメント0
  • ばっちゃん!! https://mixi.at/agrMOHv
    • 2019年10月19日 18:55
    • イイネ!1
    • コメント3
  • 大鶴義丹って雑種だったんだ
    • 2019年10月20日 09:05
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 大河ドラマ「黄金の日々」での強烈な演技が印象に残っている。まあ、白状すると、そこでしか見たことないんだけど。
    • 2019年10月19日 22:23
    • イイネ!0
    • コメント0
ニュース設定