• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 父と子の関係を描いた作品じゃ『ビッグ・フィッシュ』、『ライフ・イズ・ビューティフル』とかは良かったな…。泣けました。
    • 2021年09月26日 18:29
    • イイネ!52
    • コメント1
  • 親子の感情が希薄だからウケるのかな…私の母親は毒親だからただ傍観するだけ。お互いが相手の枷(かせ)にはならないのが良い。
    • 2021年09月26日 18:49
    • イイネ!14
    • コメント0
  • 怪獣島の決戦ゴジラの息子
    • 2021年09月26日 18:50
    • イイネ!11
    • コメント2
  • 木下恵介監督作品の大半が「親子の絆」かと… https://mixi.at/aeWHwNe
    • 2021年09月26日 18:08
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 「湯を沸かすほどの熱い愛」は親子のやり取りがとにかく丁寧なんだよね。
    • 2021年09月26日 17:32
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 「言うはずが無いだろう そんなことを 俺の家族がexclamation ��2
    • 2021年09月26日 18:24
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 思いつくのは是枝監督かな 「そして父になる」「万引き家族」面白いよなぁ
    • 2021年09月26日 18:32
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 「ペーパームーン」ほんとの親子がほんとかどうか分からない親子を演じるという面白さも含めて、コメディとしてよくできていた。
    • 2021年09月26日 17:32
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 唐沢寿明と樹木希林が親子関係の「輝け隣太郎」がおすすめです。学校から帰宅後に再放送をみて顔がジュクジュクになりながら塾に行ってました。
    • 2021年09月26日 17:25
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 廃棄物13号とか? あと、オーメンと13日の金曜日に悪魔のいけにえ
    • 2021年09月26日 21:18
    • イイネ!3
    • コメント3
  • 『梅切らぬバカ』は11月12日(金)公開。 『そして、バトンは渡された』は10月29日(金)公開。『マイ・ダディ』は公開中。『湯を沸かすほどの熱い愛』は未見。観たいけど、どれも県内では公開されそうにない。泣
    • 2021年09月26日 18:20
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 「湯を沸かすほどの熱い愛」は、今まで見た邦画の中ではトップかも!
    • 2021年09月26日 17:29
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 岩松了さんと赤木春恵さんの「ぺコロスの母に会いに行く」も親子物でしたよね�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • 2021年09月27日 11:59
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 太陽の帝国かな。スピルバーグの。あと今会いにゆきます。親子という作品なら。 https://mixi.at/aeWHwNe
    • 2021年09月26日 20:55
    • イイネ!2
    • コメント6
  • 昔からトム・ハンクスとジュード・ロウに似ていると言われてきた俺としては、『ロードトゥパーディション』は外せないな。
    • 2021年09月26日 20:40
    • イイネ!2
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定