ホーム > mixiニュース > コラム > 平成で売れた実用書・バカの壁 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バカは『バカの壁』ってタイトルだけ見て『俺はバカじゃない!バカって言うやつがバカ!』とか言いそうだが、これは関心と認知と理解の壁の話と思う。頭の良し悪しの話でなく、どんな賢い人でも『分かる』というのは難しいと思う
    • 2019年04月30日 12:43
    • イイネ!18
    • コメント3
  • 馬鹿の本来の意味は、只管権力者に尻尾を振ることである。よって、japの殆どは馬鹿である
    • 2019年04月30日 18:37
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 知りたい情報だけ受け入れて、それ以外は遮断するというのは、ネット社会になってより強まったのではないかと思う
    • 2019年04月30日 10:41
    • イイネ!6
    • コメント0
  • それはそうと、「パン壁(かべ)」って10回言おうとすると、7、8回目くらいで「ぱんぱぺ」に、なる�Ԥ��Ԥ��ʿ�������( ・ω・)�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • 2019年04月30日 10:28
    • イイネ!6
    • コメント2
  • 養老孟司さんの本はこれも含めてよく読みました。3年ほど前に講演を聴く機会がありましたが、本当に面白かった。頭いい人の話は楽しいものです。
    • 2019年04月30日 13:39
    • イイネ!5
    • コメント2
  • 売れたのにほとんど読まれていない珍本なんだよね。自分と違う意見はバカと断罪し自らの「正しさ」を疑いもしない連中が九割。
    • 2019年04月30日 13:03
    • イイネ!5
    • コメント5
  • 情報の受け手にとにかく理解を求める昨今の風潮に疑問があります。情報の発信者にこそ相手に理解させる努力や戦略が必要なのはプレゼン研修で習うでしょうに、私の言うことを理解しないのは相手がバカだからで完結してはマズイ。
    • 2019年04月30日 11:37
    • イイネ!5
    • コメント1
  • 俺もこれにトライした記憶があるが、おもろくなかったイメージが残っている。直ぐにリタイアした。
    • 2019年04月30日 17:26
    • イイネ!4
    • コメント0
  • バカの壁と言えば九段下の、東京メトロの半蔵門線と都営の新宿線を分ける壁は撤去されたけど、同じメトロの東西線は相変わらず改札内乗換が出来ない。ってかコレ都営と東京メトロの運賃体系一括化に向けてたハズなのに。早よせい
    • 2019年04月30日 12:55
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 別に養老氏の言に異論はないが、こんな本が売れちまっている事に「壁」を感じるのは間違いか?
    • 2019年04月30日 11:35
    • イイネ!3
    • コメント0
  • この本がきっかけとして遊び呆けていた当時の高校生であった私が読書をするようになりました。大学進学してほんとうにたくさんの文献に触れることができ、幸せでした。
    • 2019年04月30日 19:14
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 440万部も売れたのか。オレは読んでいない。
    • 2019年05月01日 07:54
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 知性と人間味に溢れた、このような方と酒を飲みながら語り合えたらさぞかし楽しいのだろうな たまにSNSで絡んでくる“自分は頭が良い”と思い込んでいる量産型の低能にはもうウンザリだよ
    • 2019年04月30日 22:39
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 実用書だったんだアレwまさに本は読むヒト次第。
    • 2019年04月30日 20:09
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 「価値観や考え方に違いがある以上、人は基本的に理解し合うことはできない」ってのが主旨だったかと。(・ω・) ネット上の不毛な論争やクソリプを見てると納得よね。
    • 2019年04月30日 19:48
    • イイネ!1
    • コメント1

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定