ホーム > mixiニュース > 海外 > 「キツネだと思った」散弾銃を持った若者が散歩中の犬を射殺(英) > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1、写真はどう見ても犬。狐には見ようがない。2、仮にキツネだとして、むやみに撃っていいわけではない。
    • 2019年09月23日 13:35
    • イイネ!21
    • コメント2
  • ロンドン市内は夜間、普通に野良キツネが見られるらしく、珍しくも何ともないらしい。しかし、事件の場所は普通に散弾銃なんか撃って良い場所なのかな?こいつは領主か?普通、その土地のキツネや魚は領主のものなんだが?
    • 2019年09月23日 16:56
    • イイネ!8
    • コメント0
  • うーん… キツネを合法に猟銃で撃って良い場所で起きた事なのかどうか明言されていませんね。 禁猟区あるいは禁猟期間であるか否かは報道の内容的にとても重要な情報の筈なのですが…
    • 2019年09月23日 07:57
    • イイネ!8
    • コメント0
  • は?イヌとキツネを見間違えただと?どんだけ乱視なんだ?
    • 2019年09月23日 07:56
    • イイネ!6
    • コメント0
  • キツネなら問答無用で殺していい?もっとキツネに似てる柴犬は飼わない方がいいな
    • 2019年09月23日 10:31
    • イイネ!5
    • コメント8
  • 断言するが、絶対にキツネと間違う事は無い。そもそも、「多くの飼い主が犬の散歩に利用する場所」で散弾銃を持って訪れるだけで異常な事。世の中には一定割合、理解不能更生不能な異常者がいる。再犯防止には死刑しかない。
    • 2019年09月23日 10:26
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 散弾銃使うな、普通のライフルで狩猟すべきだろう
    • 2019年09月23日 10:09
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 日本でもリードを離してはいけませんね、ワンちゃんのために。
    • 2019年09月23日 16:27
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 未だに殺す事を楽しむ為の狩猟が廃れない海賊国家イギリス
    • 2019年09月23日 10:12
    • イイネ!4
    • コメント0
  • きちんと確認せずに撃ったの?その時点で銃を持つ資格がないよ。人間だったかもしれない訳だから。
    • 2019年09月23日 18:17
    • イイネ!2
    • コメント0
  • ローリーさんの元を離れた瞬間、彼は野良犬になりました。注記:散弾銃なので非常に危険で強力な武器、ではありません。犬がリードを解かれる事はあってはなりません。
    • 2019年09月24日 00:15
    • イイネ!1
    • コメント0
  • この話ドイツだと真逆になる。ノーリードで徘徊する犬は生態系保護の為射殺してよい。ドイツ連邦狩猟法による狩猟駆除で、ドイツには公的機関の殺処分が無い代わりに警察の緊急駆除とハンターの狩猟駆除が大変多い。
    • 2019年09月24日 00:11
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 動物愛護だと騒がれる世の中、キツネなら撃ってもいいのか?いいんだろうなぁ、白人のルールなら。
    • 2019年09月23日 22:36
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 早く犯人捕まって、豚箱行きにして。
    • 2019年09月23日 20:55
    • イイネ!1
    • コメント0
  • こんな目にあったら復讐したいが流石に相手の命までは奪えないので引き金を引いた指1本はいただく 板金ハサミでチョッキン
    • 2019年09月24日 03:29
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定