ホーム > mixiニュース > 社会 > キューバ副議長、慰霊碑献花=「原爆ない世界」決意−広島 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 亡きカストロ議長も広島の記念館にメッセージ書いて帰りましたからね。
    • 2019年10月20日 17:41
    • イイネ!22
    • コメント7
  • 大学時代の学内でのトイレの落書!「世界で最も大きな国はキューバだ。首都はモスクワにあり、兵士達の墓場はアンゴラとモザンビークにある。そして人民はマイアミにいる―マルクスの死を見た一学生記」
    • 2019年10月20日 18:59
    • イイネ!10
    • コメント0
  • カストロは初めは自分は共産主義者ではないと表明していた。一説には米国への反感から共産主義に走ったとされ、スペインのフランコによるファシスト政権と友好を保ち、中南米の反米化への共闘を図った。
    • 2019年10月20日 18:52
    • イイネ!10
    • コメント0
  • カストロは反対派への粛清は控え、亡命を妨げなかった。小規模な処刑に留めたが、強制労働に堪えられなかったり、ソ連の尖兵としてアフリカへ派兵されるのを恐れ、米底辺社会への逃避は日常化していた。
    • 2019年10月20日 18:43
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 左右を問わずキューバを社会主義の成功例として持ち上げる風潮があるが、現在は小規模企業や個人商店等を認めている。だが、食糧の自給率は三割に満たず、配給も悪化しているのに経済自由化を躊躇する。
    • 2019年10月20日 18:28
    • イイネ!10
    • コメント0
  • もしもキューバが自由化を進めたら日本にとっては市場としても投資先としても有望かも知れない。反米感情は強いが、親日的だ。但しアメリカ資本は喜ばないだろう。日本の安全保障には不利かも知れない。
    • 2019年10月20日 19:21
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 自由化へ動くキューバだが、価格独占統制で流通滞貨物資のピンハネや横流しが横行し、闇市と闇ドルが蔓延ると謂われる。小規模企業や個人商店を認めるが、価格自由化や基幹産業の民営化に踏み切れない。
    • 2019年10月20日 18:34
    • イイネ!9
    • コメント0
  • あいちトリエンナーレで、被爆者を愚弄する動画の展示もあった様ですね(*´・ω・`)b広島長崎の被爆者の皆さんの意見が聞きたいですね(*´・ω・`)b
    • 2019年10月20日 17:48
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 知人でキューバを旅行した方に聞くと米国と果敢に戦った日本への感情は良好で、個人タクシーは料金を安くしてくれ、露店商や個人経営の食堂や喫茶店があり、民宿も安く利用できた。自由化は進んでいる。
    • 2019年10月20日 19:15
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 現在の日本はキューバを敵視する理由はない。ただ米国への亡命者とその子孫は三百万を超えると謂われ、統制経済は破綻し、自営業を認めても価格や基幹産業は自由化されず、闇市と闇ドルが蔓延っている。
    • 2019年10月20日 19:06
    • イイネ!7
    • コメント0
  • カストロはローマ法王に「あの世でマルクスやエンゲルスに会う」と言ったが、マルクスは“神”を否定しつつ神学を完成したヘーゲルに染まり「神から与えられた理性の自覚」による地上天国建設を夢見た。
    • 2019年10月20日 19:49
    • イイネ!6
    • コメント0
  • ヘーゲル哲学に被れたマルクスは観念論を批判しつつ人間社会の発展を「神から与えられた理性の自覚」との呪縛を解けず、階級闘争を通じた地上天国を夢想した。理性を体現した独裁を許容する罠があった。
    • 2019年10月20日 19:41
    • イイネ!6
    • コメント0
  • キューバ危機というのがあって、世界を核戦争寸前までいってしまいましたね。(´・ω・`)
    • 2019年10月20日 18:08
    • イイネ!2
    • コメント0
  • カストロ議長は来日の際に『はだしのゲン』と『ガラスのうさぎ』に感銘し、この2作品を学校の教材として活用したそうですOKOKOK
    • 2019年10月20日 18:43
    • イイネ!1
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定