• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 寝坊で1回公演中止すると4年謹慎。槇原敬之は覚醒剤所持してても1年で復帰ってなんかおかしくないかかと芸能界のルールはわからんな。
    • 2021年12月05日 10:42
    • イイネ!15
    • コメント0
  • 法に触れる事ではないのね(あの一件)。まあそうなら有名になってるもんな(悪い意味だけど)。才能を認め引き上げてくれた人がいて幸せだね、失敗からやり直せる社会の寛容さって大事だと思う。
    • 2021年12月05日 13:53
    • イイネ!6
    • コメント0
  • ・・・知らんし、田村亮さんかと思った。
    • 2021年12月05日 12:44
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 4年間の活動自粛期間中も実はこっそり小さな舞台には出演していた、寝坊前の彼も寝坊後の彼も客席から観てるよ。
    • 2021年12月05日 11:05
    • イイネ!5
    • コメント0
  • ちゃんと助けてくれる人が居て良かったね(θ‿θ)
    • 2021年12月05日 10:14
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 良い芝居してはる。覚悟がしっかりしてるんかな。偶然なのか上司の編集長役の山崎潤も一時休業してるけどアギト、555の時とは格段に違う芝居してはるし、一度挫折して戻ってくる人は強いんかもしれん。
    • 2021年12月05日 13:58
    • イイネ!3
    • コメント0
  • クスリは復帰出来て浮気や遅刻はダメって倫理的にどうかしてるよな
    • 2021年12月06日 01:14
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 役者なんて世の中掃いて捨てるほど居るけど、何度失敗しても何度も声かけてもらえる人はそう居ない。何か持っているんでしょうね。
    • 2021年12月05日 22:44
    • イイネ!0
    • コメント0
  • ん?寝坊したやつ?
    • 2021年12月05日 21:14
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 当時はそんなに大きく扱われてたのかがわからん。
    • 2021年12月05日 17:49
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 映画『新聞記者』(2019年)で一躍、日本映画界における最重要人物の1人???妄想反日女(在日?)記者の書いた全く売れなかった映画ですね
    • 2021年12月05日 10:17
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定