ホーム > mixiニュース > 検索

「覚えている」に関するニュース (902件)

理不尽だらけの日本社会とどう向き合うべきか。 元文部科学事務次官として文部科学省の事務方のトップだった前川喜平氏と、法学者で全日本おばちゃん党代表代行の谷口真由美氏による対談本『ハッキリ言わせていただ…

 シンガー・ソングライターのmiwaのシングル「RUN FUN RUN」のミュージックビデオで、みずみずしい笑顔を弾けさせている美女・大原梓。この春、福岡の糸島から上京して本格的に芸能活動をスタートさせた19歳だが、…

 中国政府は先月、当初1日だけの休みとしていた5月1日のメーデーを、4連休とすることを発表した。「小さなゴールデンウイーク」の突然の出現に多くの中国人が喜び、急遽旅行の計画を立てたようだが、一部では「…

いま平成最後のドリームジャンボ(1等・前後賞合わせて5億円)が発売中だ。今回、本誌では、実際に店頭で億を当てた人と対面している全国の神の手販売員を直撃。実際に億を当てた人の買い方の法則を聞いてみた。 「…

 太平洋戦争末期の沖縄戦で、看護要員として動員された女学生の歴史を伝える「ひめゆり平和祈念資料館」が6日、元学徒の遺族らを対象にした戦跡ツアーを開催した。今年6月の開館30周年を前にした企画で、11〜…

市川拓司のベストセラー小説であり、竹内結子と中村獅童主演によって映画化された「いま、会いにゆきます」の韓国版『Be With You 〜いま、会いにゆきます』の本編映像と場面写真がシネマカフェに到着した。 今回…

結婚すると義実家に親戚同士が集まることも増えますよね。我が子にとって従兄弟と呼べる子どもがいるとき、お義母さんやお義父さんは孫に対して同じように接してくれていますか? ママスタには孫のできを比べるお…

 昭和の途中まで“一発屋”といえば、もっぱらヒット1曲で消えた歌手を指していました。それが変わったのは、漫才ブームのとき。ギャグ一発を残して消えた芸人もそう呼ばれるようになり、平成ではその関係が逆転し…

肉体を酷使するより、頭を使って行う仕事が増えた。ホワイトカラーのビジネスパーソンの中には、創造的な作業に疲れを感じ、「言われたことだけを淡々とこなしたい」と思う人もいるだろう。 単純作業が多い職場…

顔を覆いたくなるような新社会人時代の黒歴史――。Jタウンネット編集部が「絶対に思い出したくない...! あなたの『黒歴史』、こっそり教えてください【新入社員編】」との記事で読者投稿を呼び掛けたところ、さま…

ニュース設定