「正規雇用」に関するニュース (159件)

 新型コロナウイルスの影響で放送休止となっている大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)の代わりに放送されている『「麒麟がくる」までお待ち下さい 戦国大河ドラマ名場面スペシャル』。6月21日に放送されるのは『…

篠原涼子さんが一匹狼のスーパーハケン・大前春子を演じて2007年の放送当時、平均視聴率20.2%を記録した連続ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)の続編が13年ぶりにスタートします。 「ハケンが信じるのは自分…

最低賃金で労働を強いられている人もいる。現在の最低賃金は、最も高い東京で1013円、神奈川が1011円で1000円以上はこの2都県のみ。青森や沖縄など15県790円で、全国平均は840円だ。働く上で「こんな低賃金じゃ割り…

新型コロナウイルスの感染拡大で急速に在宅勤務が広まるなど、日本でも働き方が変革の時期を迎えている。他方、外出自粛が要請される緊急事態においても、社会インフラを担うために働き続ける「エッセンシャルワー…

 新型コロナウイルスの感染拡大が、今年の雇用に与える影響の試算が発表された。世界的な流行の収束が今年末にずれ込む最悪のケースでは、日本全国で最大301・5万人が失業するおそれがあるという。 「パートや派遣…

 新型コロナにあえぐ国民への支援策をも食い物にしようという「持続化給付金」の電通−経産省の再委託問題をめぐり、新たな疑惑が次々に噴出している。  11日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、「持続化給付金」…

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、持続的なコロナ支援の財源として「炭素性」を提案する。(この記事は、6月8日発売の『週刊プレイボーイ25号』に…

「自分がコロナに感染したらどうしよう、コロナにかかったら最後だなと思っています。倒れたら収入がなくなります。精神的にうつになってもいけないと今も気を張っています。私が病んだら、子どもたちを守れないから…

「若者」という言葉から、どれくらいの年代を想像する人が多いだろうか。 『ひきこもり』について、政府は長らく39歳までを若者と定義し、この区切りにおいてのみ、支援策をつくってきた。40歳を越えてしまった人々…

はてな匿名ダイアリーに5月末、「年収1000万のリアルを教えよう」というエントリが注目を集めた。投稿者は36歳の男性で独身、都内在住で通信大手のエンジニア、年収1200万ほどとのこと。「年収1000万円」に対する…

ニュース設定