ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > 宮本茂氏、Wii Uの複数GamePadの対応に否定的「短期的には目標に入ってない」

宮本茂氏、Wii Uの複数GamePadの対応に否定的「短期的には目標に入ってない」

4

2014年06月21日 17:00  iNSIDE

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

iNSIDE

タブレットのようなコントローラーであるGamePadはWii Uの最大の特徴であり、今年のE3の任天堂ブースでもGamePadを活用したゲームデザインが多く見られました。開発を指揮する宮本茂氏も自身のプロジェクトとして『Project: Guard』『Project: Giant Robot』そして『スターフォックス』新作と、GamePadでしか出来ないゲームプレイの追求を進めています。

GamePadといえば、本体に接続できるのは1つのGamePadだけなのですが、この制限を取り払い、複数のGamePadを使用できるようにすると任天堂は述べてきました。しかしながら、IGNのインタビューに答えた宮本氏は短期的にそうしたことは任天堂のすべきリストには入っていないと否定的な考え方を示しました。

「まだ僕ら自身が、みんなが2つ目のGamePadを本当に欲しているとは確信できていません。今は、本体を出来るだけ多くの人に手に取ってもらうよう努力している段階です。複数のGamePadというのは短期的には僕らの目標の中に入ってません」

と宮本氏は延べ、まずは本体の普及を図ることが先決だと示しました。また、複数に対応することでの問題点も明らかにしています。

「技術的には望めばシステムアップデートで対応はできるでしょう。ゲームデザイン的にも色々な可能性があることは分かります。しかしそういうデザインを実現するためにもまた多くのリソースが必要ですし、1つのGamePadを使うのか、それとも複数のGamePadをターゲットにするのか、難しい問題も巻き起こすことになるでしょう」

まずは1つのGamePadと複数のリモコンで実現できるゲームプレイをもっと楽しみたいところですね。

【E3 2014】宮本氏がGamePadを手にメカレジーと対決!『Project Giant Robot』をリアル再現してみた動画が公開.
【E3 2014】Wii U『スターフォックス』と、GamePadを活用する新規2タイトルを宮本氏が動画で紹介.
【E3 2014】宮本茂氏、複数のWii Uタイトルを開発中 ― GamePadを使った新たな体験とは

このニュースに関するつぶやき

  • 販売を日本の3DSに絞り、国際展開をやめて骨牌屋の原典に戻ればいい気ガガガ。日本の子供はスマホより3DSを皆持ってるんだから、それで不調なのは国際企業を気取ってるからでは……
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • そもそもゲームパッドを駆使したソフトがまだ少ないですからね…。優先課題が他に結構あるかと���դ�
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

関連ワード

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定