二階堂ふみ“芋が主食”の時代、15歳上京後にお金がなく米買えず。

40

2014年12月11日 10:55  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
女優の二階堂ふみ(20歳)が、12月10日に放送されたバラエティ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。沖縄から上京後に直面した“貧乏時代”のエピソードを語った。

二階堂は12歳のときに地元でスカウトされ、15歳のときに上京、高校生の一人暮らしがスタートした。しかし当時、お米を買うお金もなく、大量に安いイモを購入し、それを主食にする日々を送っていたそうだ。

そのため、友人が遊びに来るときには“入場料”と称し、1人お米2合を持参させていたという。

このエピソードに、TOKIOのメンバーは一同感嘆。松岡昌宏(37歳)は「だからじゃない? この落ち着きと、20歳にしての肝の据わり方っていうのは」と納得、国分太一(40歳)は「(自分たちは)もっとしっかりしなきゃいけないんだね」と反省した。


Narinari.comってどんなサイト?
http://www.narinari.com/
元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20141229232.html



このニュースに関するつぶやき

  • まさに「SURVIVE」!
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ごり押しにありがちなエピソードですね そもそも15歳のコがこんな状況て同情することではなく上京させてこういう状況にさせてる親や事務所の問題を責めるべき事象かと
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

関連ワード

あなたにおすすめ

ニュース設定